Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

新しいチューニング方法を試してみよう

edited by DB Online   2013/02/19 00:00

最初の2回で、最適な実行計画を作成するためには、どのような情報を「与える」必要があるか、ということを説明しました。次の2回では、どのような性能試験を実施すれば、アップグレードをきっかけに性能が劣化した処理を確認することができるか、ということを説明しました。最終回の今回は、性能が劣化したSQLを効率良くチューニングする、新しいチューニング方法をお伝えします。

新しいチューニング方法とは?

 性能試験をしてみたら、性能が劣化したSQLがあった!

 そんな時、皆さんはどのようにチューニングを行なっていますか?

 アップグレード前は、NESTED LOOPで動いていたのに、アップグレード後は、HASH JOINで動いているから、ヒント句で固めてみようかな…

 というように、ヒント句を埋め込むことにより、チューニングをしている人が多いと思います。

 しかし、数十個の表を結合しているような複雑なSQL文では、実行計画のステップ数が数百にも及ぶため、ヒント句をつけて試行錯誤してみても、なかなかアップグレード前の実行計画に戻せない!ということもあると思います。

 そのような時は、Oracle Database 11gR1 から登場した、SQL Plan Management(SPM)を使用することをお勧めします。

 SPMとは、オプティマイザが作成したSQL文の実行計画を内部的なヒント句として登録し、管理することが出来る機能です。

 SPMを使用することで、アップグレード前の実行計画を、新しい環境でも使用するように設定することが可能になります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 大村奈緒(オオムラナオ)

    日本オラクル株式会社 コンサルティングサービス統括 テクノロジーソリューションコンサルティング統括本部 テクニカルアーキテクト本部 DBコアコンサルティング部 2009年日本オラクル株式会社に入社。入社以来、ミッション・クリティカルなシステムのアップグレードを行うプロジェクトで、...

バックナンバー

連載:性能劣化なんか起こさない!安全アップグレード教室
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5