Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

本格化する日本のPaaS市場、勝利するのは誰だ?

2014/12/11 15:00

 先週、IT業界で話題のイベントと言えば、X JAPANのYOSHIKIもサプライズで登場した「Salesforce World Tour Tokyo」だっただろう。事前登録者数は8,500人を超え、基調講演などのライブ中継視聴者なども入れれば、延べで30万人近い人が参加するイベントとなったようだ。そんなセールスフォース・ドットコムの本家イベント「Dreamforce」は、登録者数は実に15万人。名実ともにプライベートのITベンダーイベントとしては、世界最大級だ。

信頼を得るために日本市場には継続的に投資する

 今回のWorld Tour Tokyoは、基本的には10月にサンフランシスコで開催されたDreamforceの内容を踏襲するもの。Dreamforceで発表したアナリティクス・クラウドの「Wave」やモバイルアプリケーションを迅速に開発するための「Lightning」などにフォーカスが当てられていた。これらを活用することで、クラウドの新たな市場を拡大していく。

 「いつでも、誰でも、どこででもアナリティクス・クラウドを利用できます。まさにこれはイノベーションです」―こう語るのは、日本法人 代表取締役会長兼CEOの小出伸一氏だ。

セールスフォース・ドットコム 日本法人 代表取締役会長兼CEO 小出伸一氏
セールスフォース・ドットコム
日本法人 代表取締役会長兼CEO 小出伸一氏

 日本独自の発表としては2015年に国内2番目のデータセンターを開設することが明らかにされた。これでバックアップも含め国内に置くことができる。小出氏によれば、これは顧客から信頼を得るためだ。このジャパン・バックアップオプションを提供することで、金融機関などレギュレーションの厳しい企業にも安心してサービスを使ってもらえるという。

 もう1つの日本独自の取り組みは、継続した日本のIT企業への投資だ。今回のイベントのタイミングで、画像解析技術と機械学習技術を中心とした学術研究を活用しマーケティング戦略の立案から実行までを手がける株式会社ABEJAと、法人営業に特化したコールセンターと過去1,500社の営業を支援し蓄積した独自の顧客抽出エンジンとSFAを組み合わせたインサイドセールスサービス「APO-HUNTER」を提供する株式会社WEICという2社に新たに出資することを発表している。

 この2社を加えたことで国内の20社に投資することとなり、こういった取り組みをしている外資系企業はセールスフォース・ドットコムだけだという。小出氏は、今後もクラウドのエコシステムには、継続して投資をしていくことを表明した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5