Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

元祖インメモリデータベース、SAP HANAについてラルフ・シューマン氏に訊く、インメモリのいま

2015/06/09 06:00

 インメモリデータベースを広めたのはSAP HANAだろう。2010年に提供を開始し、データウェアハウスを超高速化するデータベースアプライアンスとして登場、当初はまだ「目新しいもの」というのが世間の評価だった。そこから進化を重ね、2012年のSP 5ではOLTPもサポート。ここからSAP ERPのデータベースとして多くの実績を持つように。現在のバージョンは2014年12月に提供を開始したSPS09、ここまできてエンタープライズで必要な機能をほぼ取り揃えることになる。インメモリデータベースで先行してきたHANAだが、いまでは既存データベースベンダーが軒並みインメモリデータベース機能を提供している。ストレージベースのデータベースに追加する形で提供されたインメモリデータベースと、最初からインメモリとして開発されたHANAでは何が異なるのか。SAP SE Middle & Eastern Europe担当のプラットフォームソリューション・グループ ヘッドでシニア・バイスプレジデントのラルフ・シューマン氏に話を訊いた。

 SAP SE Middle & Eastern Europe担当 プラットフォームソリューション・グループ ヘッド シニア・バイスプレジデント ラルフ・シューマン氏
SAP
SE Middle & Eastern Europe担当 プラットフォームソリューション・グループ ヘッド 
シニア・バイスプレジデント
ラルフ・シューマン氏

HANAには集計テーブルも中間テーブルもインデックスもいらない

 Q:いまや各社がインメモリデータベースを提供しています。他社製品に比べHANAがもっとも優れている点はどんなところでしょうか。

 シューマン氏:他のインメモリデータベースは、既存データベースのチューニングです。ハードディスクの代わりに、インメモリを使い仮想化します。なので、既存データベースの一部をコピーしてインメモリに載せます。そのため既存データベースで利用していた集約テーブルやインデックスなども残ることに。また、トランザクション系と情報系を分けたり、構造化データと非構造化データを分けたりする必要もある。これでは、一部を速くできてもすべてが速くなるわけではありません。

 SAP HANAは、Any Data、Any Sourceとなっています。あらゆるデータを扱える。そこには冗長性も集計もありません。それが他とHANAが違うところです。冗長性がないのは重要です。これでデータをリアルタイムに補足できます。集計も中間テーブルもなく、HANAの中には真のデータが1つしかないからです。

 これまでのデータベースは、さまざまなスキームをあらかじめ用意し特定の目的に対しては回答ができます。ところがアドホックな要求は得意でない。HANAはそれが初めてできるデータベースです。企業では部署ごとにデータベースを持っていて、ビジネストランザクション処理やレポーティングを行います。これをスムースにやるために、データモデルやアプリケーションごとにたくさんの静的な集計テーブルを持つのが普通なのです。

 HANAでは集計テーブルをすべて排除し、データはもっとも細かい粒度で1つだけ存在します。重複するデータはありません。集約が必要であれば、オンザフライでリアルタイムに作ります。データベースを構築した際に答えを用意しなくていいのです。これで人々の思考に合わせて処理できます。

 既存のデータベースは、インメモリ機能を使っても集計や中間テーブルがなくなるわけではありません。なので、質問をしても(旧い集計データをもとにした)誤った解答が、以前より速く返ってくるだけです。お金をかけてそれをやっているのです。

 Q:HANAは他のデータベースとはコンセプトが違うのは分かりました。では現状のHANAでさらに改良すべき点はありますか。

 シューマン氏:さらに多くのデータソースをリアルタイムに取り込めるようにしたいと考えています。さまざまなデータソースをシンプルに取り込めるようにしたい。たとえば、Hadoopとのインテグレーション機能はありますが、それをさらにシンプルにしたい。

 もう1つは、HANAの中でロジックを動かすランタイム機能です。すでに予測分析などの各種アナリティクス機能、地理情報処理などデータベース処理以外のものをHANAの中で動かせます。これらをさらに拡充したいと考えています。今後はマシン・ラーニングや保険や金融といった業種別機能などを、HANAに実装し高速化したい。つまり、さらなるプラットフォーム化を目指し、よりリッチな機能を搭載します。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5