Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第2回 Apache Cassandraをインストールしよう

edited by DB Online   2015/07/24 06:00

 それでは今回から早速Apache Cassandraに触れていきましょう。今回はCassandraを1台のマシンにインストールして、基本的な設定を行い、起動の確認と停止ができるように学んでいきます。 また、次回以降CQLを利用する上で必要なツールもセットアップします。

 Cassandraの公式バイナリファイルはApache Cassandraのウェブサイトから入手できますが、筆者が所属しているDataStaxでは、Cassandraを簡単に始められるようにしたパッケージを無料で配布しています。 特にWindowsを用いて開発をされている方は、DataStaxのインストーラーを利用したほうが簡単に始められるでしょう。

 今回はWindows向けにDataStaxのインストーラーを用いた方法と、Mac/Linux向けにApache Cassandraのウェブサイトから ダウンロードする方法をご紹介します。

DataStax Community Edition のインストール (Windows)

 DataStax Community Edition (以降DSC)は様々なOSに簡単にCassandraを導入するために提供されているパッケージです。 特にWindowsの場合、インストーラーを利用するだけでCassandraやツール類を実行するために必要なJavaやPythonを自動的にセットアップしてくれます。 Apache CassandraはWindowsサービスとして登録され、起動や停止もWindowsのサービスコンソールを通して行うことができます。

 また、DataStaxが開発を行っているCassandraモニタリングツールであるOpsCenterも付属しています。 本連載では利用しませんが、興味がある方はこちら(英語)で機能について学ぶことができます。

インストーラーの入手

 CassandraのコミュニティサイトであるPlanet Cassandraよりダウンロードします。執筆時点(2015年7月)の最新安定&推奨バージョンは2.1.8です。ダウンロードページより Windows Server 2008 / Windows 7 or Later (64-Bit) の安定&推奨バージョンのMSI Installerをダウンロードしてください。

インストール

 インストールは、ダウンロードしたインストーラーを実行するだけです。ライセンス規約に同意し、インストールを進めていきます。 インストールの最後にApache Cassandraの起動を行うか聞かれますが、ここではチェックボックスを外しておきます。

 以降デフォルトのインストールフォルダ(C:\Program Files\DataStax Community\)を利用している前提で進めていきます。

 もしApache Cassandraを起動してしまった場合は、Windowsのサービスコンソールから停止してください。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 森下雄貴(モリシタユウキ)

    DataStax社ソフトウェアデベロッパーおよびApache Cassandraコミッター。 仕事では毎日ほぼ100%、Cassandraのコードをいじっています。 Spotifyで音楽を聞きながらコードを書き、iPhoneでメールをチェックし、 オフはNetflixで映画を見たり、プレイステーショ...

バックナンバー

連載:こんにちはCassandra!―米国でApache Cassandraを開発している日本人コミッターが教える、1から始めるCassandra
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5