Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

EMCが切り開くオープンクラウド基盤とは

2015/09/18 00:00

 「DevOpsとアジャイル開発を実現するオープンクラウド基盤」セミナーレポートはこれで4回目。まずはこれまでを振り返ってみよう。1回目ではオープンクラウド基盤の概要をつかみ、次に2回目3回目で、OpenStackとCloud Foudryについて自社で商用版を持ち、導入実績もある企業から発表してもらった。4回目はEMCとOpenStackの関係について。OpenStackを導入するとき、EMC製品はどう活用できるのか。EMCはOpenStackにどのように取り組んでいるのか。OpenStackと関係があるというProject CASPIANの姿にも迫る。

EMC FORUM 2015開催! 
2015年10月15日(木) @東京プリンスパークタワー

テーマは、REDEFINE.NEXT。
新たなデジタル時代において企業が競争優位を確立するためのITとビジネスの新定義とは?

→→→ 詳細、お申込みはこちら

 「DevOpsとアジャイル開発を実現するオープンクラウド基盤」セミナーレポートはこれで4回目。今回はEMCとOpenStackの関係について紹介する。OpenStackを導入するとき、EMC製品はどう活用できるのか。EMCはOpenStackにどのように取り組んでいるのか。

 やや余談になるが、EMCが近年買収した企業にCloudScalingがある。そのCEOだったランディ・バイアス氏は、OpenStackコミュニティの創設者の1人でもある。今やEMC エマージングテクノロジー部門バイスプレジデントとなり、EMCでOpenStackへの取り組みを主導している。EMCはいま、バイアス氏という強力な後ろ盾を得て、OpenStackとの親和性を加速させている。

EMCとOpenStackの取り組み

 EMCジャパン アドバイザリー システムエンジニア 吉田尚壮氏はOpenStackについて「オープンソースをベースとしたIaaSの本命」と称す。メリットはセミナーでこれまで言及されていたように、ベンダーロックイン排除、インフラの投資コスト削減、DevOpesの実現などのメリットが期待されている。

EMCジャパン アドバイザリー システムエンジニア 吉田尚壮氏
EMCジャパン アドバイザリー システムエンジニア 吉田尚壮氏

 EMCとOpenStackの取り組みについて挙げると、まずリファレンスアーキテクチャを充実させていることが挙げられる。リファレンスアーキテクチャとは検証済みの推奨構成をまとめた技術文書だ。システム設計時には有用な資料となり、セットアップで使うパラメーターなども記載されており、構築ガイドにもなる。

 現状公開されているリファレンスアーキテクチャは、Canonicalとの共著『EMC STORAGE SOLUTIONS WITH UBUNTU OPENSTACK AND CANONICAL JUJU』、ミランティスとの共著『EMC STORAGE SOLUTIONS WITH MIRANTIS OPENSTACK』、Red Hatとの共著『EMC STORAGE SOLUTIONS WITH RED HAT ENTERPRISE LINUX OPENSTACK PLATFORM』がある。いずれの文書も、主要なOpenStackディストリビューションとEMCストレージソリューションを組み合わせた構成でまとめられている。

 OpenStackで使えるEMCのストレージはどれか。吉田氏は「全ての主力製品が対象だ」と言う。ブロックストレージのCinder Driver、ファイルストレージのManila Driver、オブジェクトストレージのSwift APIというように、EMCはOpenStackのためのドライバーを幅広く提供しており「どれでも使える」という状況がそろっている。

 PDF15ページ:OpenStackで使えるEMCストレージ
OpenStackで使えるEMCストレージ

 なかでもOpenStackに適しているのがScaleIOだ。「OpenStackで拡張性を極めるならScaleIOがベスト」と吉田氏は強調する。これはソフトウェア定義ストレージ(SDS)に分類されるストレージ製品(ソフトウェア)。サーバーの内蔵ディスクを共有ストレージ化することができて、拡張規模は1000ノード以上。OpenStackで使うときはEMCが提供するCinder Driverを用いてブロックストレージとして使用できる。

 ScaleIOを構成するときはOpenStackのコンピュートノードとScaleIOのストレージノードで2階層にするパターンと、コンピュートノードにストレージノードを同居させるパターンもどちらも実現できる。吉田氏は「ScaleIOのオーバーヘッドが少ないため、コンピュートノードに同居させることも可能」と説明する。

 デモとして吉田氏はScaleIOの初期セットアップを披露した。CSVで記述した構成情報をアップロードし、次に各ノードにインストールファイルを自動配布、そしてインストールを実行する。これで初期セットアップ完了だ。

PDF24ページ:デモ ScaleIOの導入(初期セットアップ)
ScaleIOの導入(初期セットアップ)

 吉田氏は「ScaleIOは無償で提供していますので、ぜひダウンロードしてみてください」と話す。制限は商用利用ができないのみで、機能制限なし、容量制限なし、試用期限なしである。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DevOpsとアジャイル開発を実現するオープンクラウド基盤 レポート
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5