Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Oracle Databaseのアーキテクチャ

edited by DB Online   2017/08/25 06:00

 Oracle Databaseは初の商用Relational Database Management Systemとして約40年前に誕生しました。以後、エンタープライズ用途の厳しい要件に応えるべく、進化を遂げてきました。Oracleは数値や文字のデータ型だけでなく、XML型やJSON型、空間位置情報型とその処理エンジン、機械学習エンジンを搭載しています。そして、マルチテナント機能でデータベースを統合し、Database In-Memory(DBIM)で極力データの移動を抑えてOLTP処理で発生したデータを分析までかけることが可能なアーキテクチャを持っています。また、データ保護についてはかなり慎重なアーキテクチャとなっており、データ破損に対する保護とセキュリティを重要視しています。クラウド・ファーストの考え方が浸透しサーバー資産を持たない時代になっても、DBMSのアーキテクチャを理解しておくことは依然重要です。本連載ではOracle Real Application Clustersのアーキテクチャに焦点を当てて解説していきます。第一回はおさらいをかねてシングル・インスタンスのOracle Databaseのアーキテクチャを解説します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 日下部 明(クサカベ アキラ)

    日本オラクル データベース担当。Oracle GRID Centerのラインマネージャとしてオラクルの持つ最新技術をパートナー各社と共同で検証し、多くのホワイトペーパーを執筆・レビュー。以後、その経験を元にミッションクリティカルな案件のソリューションデザインの提案などを担当。データベースセキュリティ...

バックナンバー

連載:イチから学ぶデータベース最新技術 - Oracle Real Application Clusters編
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5