Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

1~15件(全1554件)
  • 2019/09/19

    Oracle OpenWorld 2019で次期バージョン「20c」、永続性メモリ活用の「Exadata X8M」など発表

     Oracle OpenWorld 2019のレポート第二弾をお届けする。アンドリュー・メンデルソン氏の基調講演では、次期バージョン「Oracle Database 20c」、永続性メモリを活用して「Exadata X8M」などがヴェールを脱いだ。

  • 2019/09/19

    フィールドエンジニアからODA販売世界一へ導いた立役者 ─ アシスト 石川敦之さん

     企業ITシステムが急速にオンプレミスからクラウドへと進むなか、その手前にはアプライアンスやコンバージドインフラがある。あらかじめ必要なハードウェアやソフトウェアが組み込まれ、オンプレの課題を克服する製品だ。アシストは2018年、Oracle Database Appliance(以下、ODA)の販売台数で世界一位(※)に躍り出た。その立役者はフィールドエンジニア出身の石川敦之さんだという。

  • 2019/09/18

    Oracle OpenWorld 2019が開幕、VMware、Microsoftとの協業を発表しハイブリッドクラウド、マルチクラウド戦略を強化

     Oracle OpenWorld 2019が米国サンフランシスコ モスコーン・コンベンションセンターで開幕した。例年なら会場周辺はOracleの赤い色で埋め尽くされるところだが、今年はブランディングの変更もありサインの多くはアースカラーだ。雰囲気的には例年になく、少しおとなしいOracleのイベント会場となっている。

  • 2019/09/17

    デジタルトランスフォーメーションに向けて マルチクラウドでも一貫性あるIT運用を実現するには

     企業が次々にデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現している。DXでアプリケーションをアジャイルに開発し、展開できるようにするにはどのような準備が必要か。デル テクノロジーズでアジア太平洋地域のプリセールスおよびバイス・プレジデントを務めるMatthew Zwolenski氏がデジタル時代におけるクラウドトランスフォーメーションについて解説する。

  • 2019/09/12

    経験の価値を提供しデジタルイノベーションを加速するためにSAPはQualtricsを買収した

     以前コンピュータ雑誌の編集部にいた頃は、ハードウェアのスペック表を書く作業に随分と時間を費やしていた。機能のあるなしや性能差が、製品を選ぶ際の重要要素だったからだ。今はハードウェアの新製品のニュースが減ったこともあるが、記事のためにスペック表を書くことはほぼない。これは製品の機能や性能よりも、それを使った時の顧客体験やユーザー体験が重視される時代になったからだ。

  • 2019/09/04

    MaaSで都市は最適化される マイクロソフトが技術と人材育成で実現支援

     2019年8月27日、日本マイクロソフトはMaaS実現に向けた取り組みについて、記者向けに説明会を開催した。「MaaS(Mobility as a Service)」は自動車だけではなく、鉄道、バス、タクシー、航空、自転車などあらゆる交通事業を統合し、移動を1つのサービスとして提供する。MaaS Tech Japanの日高洋祐氏はMaaSが本格的に普及すれば「ガラケーがスマホに変わるくらいのインパクト」と話す。

  • 2019/08/29

    独自の要件を持つ自治体クラウドに取り組む行政システム九州のチャレンジ

     自治体の行政サービスを、外部のデータセンターを用いて提供するのが自治体クラウド。地方の情報システムの要でもあり、安全性などの要件は相当厳しいという。九州地区の自治体クラウドの構築で高いシェアを持つ行政システム九州株式会社に、ミッションクリティカルなインフラの構築や運用の様子を聞いた。

  • 2019/08/26

    パスワードレスの時代がやってくる!

     1993年に設立した株式会社インターナショナルシステムリサーチは、スーパーコンピュータのコンサルティングからビジネスを開始、その後はWebの世界に進出しブラウザの開発などにも携わっている。そこからWebベースのアプリケーションとデータベースを連携させるツールを開発して提供を開始。その後、Webベースのシステムに携わる中で、顧客の要望からユーザー認証の仕組みを構築することになる。その素組を切り出してシングルサイオンのソリューションを構築し、Google Appsで利用できるようにしてGoogle...

  • 2019/08/23

    スン博士に訊く、「現在のAIが得意なこと、不得意なこと」

     あらゆるアプリケーションにAI技術が組み込まれつつあり、今やテレビや新聞などでもAIは当たり前のキーワードとなっている。AIはなんだか便利そうで、利用シーンは今後どんどん増えそうなことは理解できる。しかしながら実際に今のAIは何ができ、これからどこに向かっていくのか。それが今ひとつはっきりしない。そこで、AIの専門家であるAppierのチーフAIサイエンティスト ミン・スン氏に、現状のAIのリアルな姿を解説してもらう。

  • 2019/08/22

    データ×クリエイティビティの解を探して―インティメート・マージャー 簗島亮次さん

     国内最大規模のパブリックDMPを提供するインティメート・マージャー、同社の代表取締役 簗島亮次さんは、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに通う大学1年の時から、知人と起業し会社経営に携わっていた。それと並行して通信機器を扱う企業では「社長の鞄持ち的なことや、通信機器の営業も経験しました」と言う。職は変われど、常に「データ」に向かい合ってきた簗島さんの軌跡をたどった。

  • 2019/08/19

    Oracle Cloudのマルチクラウド戦略はAzureとの連携から

     2019年8月6日から7日にかけ、Oracleがクラウドビジネスに関するイベント「Oracle Modern Cloud Day Tokyo」が開催された。2019年5月8日に日本のクラウドデータセンターとなる「東京リージョン」を開設から3カ月、Oracle Cloudのビジネスの進捗を占うイベントとなった。

  • 2019/08/19

    デジタル変革を支える、データガバナンスフレームワーク

     6月11日に東京都内で開催された「SAS FORUM JAPAN 2019」は、デジタル変革の推進に不可欠な 「Technology」、「People」、「Process」をテーマに、先進的なユーザー事例や最新テクロノジーをはじめとした多くのセッションが行われた。ここでは、SAS Institute Japanソリューション統括本部の川上智史氏による「デジタル変革を支える! データガバナンスフレームワークとは」の模様をお伝えする。

  • 2019/08/08

    精度の高い需要予測を実現する SASならではの技術と知見

     6月11日に東京都内で開催された「SAS FORUM JAPAN 2019」は、デジタル変革の推進に不可欠な 「Technology」、「People」、「Process」をテーマに、先進的なユーザー事例や最新テクロノジーをはじめとした多くのセッションが行われた。ここでは、SAS Institute Japanのコンサルティングサービス本部 IoTグループの部長である河野芳明氏による「SASコンサルタントが語る、成果を生む需要予測プロジェクト 成功の要因」の模様をお伝えする。

  • 2019/08/07

    アクロニス・ジャパンは、イメージバックアップからサイバープロテクションのベンダーへ!

     イメージバックアップのソリューションから、サイバープロテクションのベンダーに変わりつつあるのがAcronisだ。同社の提供してきたデータ保護のためのAcronis Data Cloudも、新たにAcronis Cyber Cloudと名前を変え、データ、アプリケーション、システムをサイバー攻撃から保護するソリューションとなっている。

  • 2019/08/06

    経費精算から間接業務のDXプラットフォームへ、SAP Concurが進化

     多くのITベンダーが、他社を買収することでビジネスを拡大している。ERPアプリケーションのベンダーとしてリードするSAPも例外ではない。SAPでは過去にBIツールのBusiness Objects、データベースのSybaseなどを買収してきた。これらはオンプレミスのソフトウェア技術であり、既存のERPのアプリケーションに融合、連携され活用されている。加えてSAPでは、ここ最近SaaS型のサービスの買収も多い。クラウド人材管理のSuccessFactors、カスタマーエクスペリエンスのhybri...

1~15件(全1554件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5