EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

1561~1575件(全1621件)
  • 3416_a.jpg
    2011/09/02

    GoldenGateで、データベース移行から、さらなる情報活用を提案する

    NTTデータ先端技術では、Oracle技術支援サービス「NTT Data Intellilink Professional Services(NIPS)」を提供している。これは、米国オラクルおよび日本オラクルとの、数多くの共同技術検証や定期技術情報交換、さまざまな実システム案件で培った経験と実績をもとに提供する技術支援サービスだ。この中のサービスメニューの1つに、データベース移行支援サービスがある。

  • 3431_a.jpg
    2011/08/31

    ZFS、テープ、Pillar買収―ビッグデータ時代に挑むオラクルのストレージ戦略

    日本オラクルは8月29日、東京・世田谷区の同社用賀オフィス(SBSビル)において同社のストレージ製品に関する説明会を行った。ここは昨年まで旧サン・マイクロシステムズが所在していたオフィスでもあり、現在はSunの技術を継承したサーバやストレージなどハードウェア製品全般の検証センターとしての役割を果たしている。

  • 3422_a.jpg
    2011/08/31

    「本当に効くデータベースチューニング ~索引よりもCPUとHDDのバランスを~」

    データウェアハウスのような大規模データベースでは、高性能化するハードウェアの性能をいかに活かしきるかが、重要な課題となってきている。高性能なハードウェアの性能をOracle Databaseの機能でフルに使い切っている好例が「Oracle Exadata」だ。今回は、Oracle Exadataの技術検証を担当するエンジニアが、Oracle Databaseのパフォーマンスアップ機能を紹介する。

  • 3424_a.jpg
    2011/08/30

    「"プロアクティブ"なパフォーマンス・チューニングの心得」

    ITエンジニアにとって、データベースのパフォーマンス・チューニングは日常的な作業の1つだろう。だが、実際の現場を見てみると、チューニングへの取り組み方に問題のあるケースが少なくない。今回は、日本オラクルのデータベース・コンサルタントらの視点から、ユーザー企業の現場に見られる問題点や、今日データベース・チューニングに臨むうえでの留意点などを紹介する。

  • denali_a.jpg
    2011/08/29

    Denali のメモリ管理(前編)

    はじめまして。日本マイクロソフト Premier Field Engineering 部の坂輪です。平山、古賀の二人によって Denali の機能について紹介が行われているこのシリーズですが、今回と次回の2回にわたって Denali で変更されたメモリ管理について紹介していきます。どうぞおつきあいください。

  • 3405_a.jpg
    2011/08/29

    リアルタイム・データ処理と大規模分散処理によるコンピュータの新たな可能性~Information On Demand Conference Japan 2011

    2011年7月28日と29日、ザ・プリンス パークタワー東京(東京・港区)にて日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)主催のイベント「Information On Demand Conference Japan 2011」が開催された。本稿では、昨今取りざたされることの多い「Big Data」をテーマとした講演「Big data分析がもたらすビジネス変革──リアルタイム・データ処理と大規模分散処理によるコンピュータの新たな可能性」の内容を紹介する。

  • 3404_a.jpg
    2011/08/26

    Big data分析がもたらすビジネス変革事例~Information On Demand Conference Japan 2011

     2011年7月28日と29日の2日間に渡り、ザ・プリンス パークタワー東京(東京・港区)にて日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)主催のイベント「Information On Demand Conference Japan 2011」が開催された。同イベントでは、IBMが提供するさまざまなデータ活用ソリューションの紹介が行われたが、本稿ではその中から、同社が近年力を入れている「Big Data」関連ソリューションの事例紹介が行われた講演「Big data分析がもたらすビジネス変革事例」の内容...

  • 3419_a.jpg
    2011/08/25

    東日本大震災がデータベース市場に与えた影響についてIDCに訊いた

    2011年7月、IT専門調査会社IDC Japanが「国内リレーショナルデータベース 管理システム(RDBMS)市場予測」を発表している。2011年の国内RDBMS市場規模は1,466億1,900万円、2010年からは8.5%縮小する見込みだ。また、2010年から2015年の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は1.6%で、2015年の市場規模は1,709億5,400万円になると予測している。2010年は、リーマンショック以降の市場の大きな落ち込みから...

  • denali_a.jpg
    2011/08/25

    Denaliの新機能「Contained Databases」の全貌(後編)

    前回に続き、日本マイクロソフトPremier Field Engineering部の古賀が記事を担当します。前回の記事では、Contained Databaseの生まれた背景や概念について紹介しました。今回の記事ではContained Databaseで具体的にどのような問題が解決されるのかを紹介します。  

  • 文系の~1.GIF
    2011/08/22

    高速処理にはデータベース!

    さて、Excel でのデータ分析やShare Point での共有を見てきましたが、もっと大量のデータを扱う必要がある場合を考えてみましょう。

  • 3398_a.jpg
    2011/08/17

    MySQL事始 SQL文(3) 代表的なSQL関数

    今回はMySQLの代表的なSQL関数を6つのカテゴリに分けて解説します。

  • 3393_a.jpg
    2011/08/16

    データストアに入る中身であるところのビッグデータの話

    「クラウド時代のデータストア」ということで、何回かにわたってデータストアについて連載します。私は仕事でもプライベートでもAWSよりな人間なので、AWSがメインになってはしまうのですが、クラウド時代のデータストアという事について色々とお話していこうと思います。

  • 3394_a.jpg
    2011/08/09

    DWH、Hadoop、そして仮想データマート - EMCのビッグデータ戦略の中核となる「Greenplum」ソリューション

    米EMCがデータウェアハウジング(DWH)とビジネスデータ分析に強みを持つ米Greenplumを買収したのが昨年7月のこと。統合から約1年が経過した現在、GreenplumはEMCのビッグデータ戦略の中核ソリューションとして新たな展開を見せようとしている。

  • 12090.gif
    2011/08/09

    ココが変わった!11gの初期化パラメータ

    第7回目である前回は、前バージョンであるOracle Database 10gでの変更点について解説しました。第8回目となる今回は、Oracle Database 11gから新たに追加された初期化パラメータについて解説します。

  • 3388arena.jpg
    2011/08/04

    DB2 pureScaleと互換性機能でOracleデータベースの移行戦略を推進

    日本IBMは、2011年7月28日、29日の日程で「Information On Demand Conference Japan 2011」を開催、2日目の29日には「ビジネス構想を支えるITインフラ」をテーマに、最新のITインフラに関するさまざまなセミナーを実施した。ここではDB2関連セッションを紹介する。

1561~1575件(全1621件)
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5