EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「RDBMS」記事一覧

RDBMS

689件中561~580件を表示
  • 3752_a.jpg
    2012/02/06

    第4回 TimesTenのチューニング

    Oracle TimesTenの環境を構築したが、性能が思うように出ないという場合、まずはどこを見たらいいのでしょうか?今回はOracle TimesTen のチューニングについて説明します。

  • 3754_a.jpg
    2012/02/03

    Cloudの"c"が付いた最新版Oracle Weblogic Server 12cの実力はいかに

    Oracleは、今後新たに登場する製品のバージョンにCloudの"c"を付け"12c"としている。その最初の製品が、2011年にサンフランシスコで開催された年次イベントOracle OpenWorld 2011で発表されたOracle Enterprise Manager 12cだ。クラウドインフラを構成するハードウェアからデータベース、その上のミドルウェアに至るまでをトータルで管理でき、利用したリソース量に応じた課金の仕組みなど、クラウドコンピューティン...

  • denali_a.jpg
    2012/02/02

    Indirect Checkpoint (前編)

    こんにちは。日本マイクロソフトPremier Field Engineering部の古賀です。今回は、Indirect CheckpointというSQL Serverの新しいチェックポイントのしくみについて紹介します。

  • オラク~1.GIF
    2012/01/27

    Oracleのストレージ管理に何故ASMを選ぶのか? ―12月の人気記事

    Oracle ACEの矢木覚が、Oracleエンジニアが使える「ネタ」をお届けします!

  • 3711_a.jpg
    2012/01/26

    MySQL事始 ストレージエンジン(1) アーキテクチャ概要

    今回はMySQLのストレージの中でも、最も利用されているInnoDBについて解説します。トランザクションに対応したInnoDBはMySQL 5.5からデフォルトのストレージエンジンとなりました。

  • 3718_a.jpg
    2012/01/25

    第3回 TimesTenの運用設計

    今回のテーマはOracle TimesTenの運用設計です。Oracle TimesTenは物理設計が命なので、きちんとした設計で環境を構築し、一度運用を開始してしまえばそれ程複雑なメンテナンスを行う必要はありません。シンプルだからこそ確実に押さえてほしいOracle TimesTenの監視ポイントや統計情報運用について説明します。*2012/1/12 に Oracle TimesTen 11.2.2.2 がリリースされました。本記事はOracle TimesTen 11.2.1.8 をベースに...

  • 3719_a.jpg
    2012/01/23

    Amazon RDS for Oracle とは

    Amazon web services(AWS)をご存じですか?あのamazon.comの子会社が提供しているクラウドのITインフラWebサービスです。昨年の3月から日本のセンター(東京リージョン)も開設されたことからAWSを実際に利用している人も増えていることと思います。本連載では、筆者の会社の社内システムやパッケージシステムの開発環境構築で経験したネタを紹介しながらAWS上にWebアプリケーションシステムを構築する方法を解説します。  

  • 3729_a.jpg
    2012/01/23

    エンジニアから見たOracle Database Applianceの特徴とは?

    複雑に構成されたシステムの課題に対して、登場したのがOracle Database Applianceです。ソフトウェア・ハードウェア、さらにはクラスタ等の構成まで、事前構成済の状態で使用可能な製品です。エンジニアの観点から、その特徴を見ていきましょう。

  • denali_a.jpg
    2012/01/19

    カラムストアインデックスのすべて(後編)

    日本マイクロソフトの平山です。今回の記事は、前回に引き続きカラムストアインデックスの解説です。今回はまず、カラムストアインデックスの制限事項を理解した上で、実際の運用シナリオを考えるところから始めたいと思います。

  • toranomaki.jpg
    2012/01/17

    MySQLチューニング虎の巻/ソートに関連するトピックとクエリの書き換え

    SQLチューニング最後の締めとして、今回はソートに関連するトピックとクエリの書き換えについて触れておこう。これまで、MySQLのJOINに関連した実装および最適化アルゴリズムについて解説してきたが、今回のエントリではそれ以外のアルゴリズムでよく使われるものについて解説する。今回も例によってMySQLの公式サンプルであるworldデータベースを使って解説を行う。worldデータベースについての詳細は次の記事を参照にして頂きたい。>> MySQLにおけるデータベース作成/テーブル作成/サンプルデータ...

  • 3731_a.jpg
    2012/01/17

    RHELを軸に仮想化、クラウド、ビッグデータで2012年の「大飛躍」を宣言するRed Hat

    「今年は伝えることが多い年になる。そしてGreat Leapと言えるような大飛躍の年にしたい」- レッドハット 代表取締役社長 廣川裕司氏は1月12日に開催されたメディア向け説明会の席でこう発言した。Red Hatは2012年会計年度(2011年3月 - 2012年2月)、初めて年間売上が10億ドルを超えると予想されている。10億ドルという数字を達成しているソフトウェア企業はワールドワイドで見渡しても30社強しか存在しない。Sun Microsystemsなき現在、オープンソースをビジネスの主軸...

  • 3694_a.jpg
    2012/01/12

    マイクロソフトが提唱する"アジャイルなアプローチ"によるDWH構築のメリットとは

    データウェアハウス(DWH)の構築にはどうしてもコストも時間もかかる。だからこそ経営層に対してDWHがいかにビジネスに寄り添っているかをアピールすべき。そのためにはアジャイルなアプローチが効果的 - 一般に"構想3年、構築2年"などと揶揄されることも多いDWH構築プロジェクトだが、かつてないほどの速さでビジネスが動いている現在においては「この考え方はもう古い」と日本マイクロソフト セントラルマーケティング本部 マーケティングアナリティクスグループ マーケティングアナリティクス...

  • 3693_a.jpg
    2012/01/11

    冗長化してもリソースを無駄にしない―Oracle MAAのライバルはHAの複雑さ

    「ITシステムに高い可用性を求める状況があるにも関わらず、実際にHA(High Availability)構成を採用しているシステムは数%しかありません」―米国Oracleでデータベース製品を担当するバイスプレジデントのマーク・タウンゼント氏はいう。なぜHA構成を採用するシステムが少ないのか。その1つの理由が、複雑さにあると指摘する。さまざまなベンダーからさまざまなHAのための製品が提供されており、ユーザーはそれらをインテグレーションしてHAの構成を構築しなければならない。それは、極めて複雑なシ...

  • 3690_a.jpg
    2012/01/04

    マイクロソフトのインメモリ戦略はまずはSQL Serverの中から

    システム上で広大なメモリ空間が、比較的安価に利用できるようになった。その結果、データベースベンダー各社はそれを利用して大幅な性能向上を図る、新たな製品や機能の提供を加速している。SQL Server 2012のリリースが迫っているマイクロソフトでは、このインメモリという領域をどう捉えているのだろうか。日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部でSQL Server製品を担当しているエグゼクティブプロダクトマネージャの北川 剛氏に話を...

  • denali_a.jpg
    2011/12/28

    カラムストアインデックスのすべて(前編)

    Code Name Denali の正式名称がSQL Server 2012 と発表されて久しいですが、これまでと同様に製品の開発は順調に進行しています。先月にはリリース候補版RC0の公開が行われましたので、すでに新しいリリースをお試しくださった方も多いのではないでしょうか。さて、今回から2 回にわたり、SQL Server 2012 で導入される機能の中でも、意欲的な取り組みのひとつとなるカラムストアインデックスについてとりあげます。担当するのは日本マイクロソフトプレミアフィールドエンジニアリ...

  • オラク~1.GIF
    2011/12/26

    大容量メモリをOracleで活用するには?~Linux HugePages使用の勧め~11月の人気記事

    Oracle ACEの矢木覚が、Oracleエンジニアが使える「ネタ」をお届けします!

  • 3674_a.jpg
    2011/12/22

    第2回 Oracle TimesTenを高速化させる極意

    今回は、Oracle TimesTenを上手く使いこなすための極意について熱く語りたいと思います。

  • denali_a.jpg
    2011/12/19

    トレースはもはや古い?SQL Server 2012 の拡張イベント(後編)

    こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。今回は前回予告しました SQL Server Management Studio から拡張イベントを管理する機能や SQL トレースから拡張イベントへの移行についてご紹介したいと思います。

  • 3660_a.jpg
    2011/12/16

    ビッグデータ時代のキホンは"データを捨てないDWH"と"使いやすいBI" - Microsoft BI/DWH Day 2011基調講演

    SQL Server 2012がビッグデータ時代のビジネスにもたらすインパクトをお伝えしたい - 日本マイクロソフト 業務執行役員 サーバプラットフォームビジネス本部 本部長 梅田成二氏は12月12日、東京・目黒雅叙園で開催された「Microsoft BI/DWH Day 2011」の基調講演の冒頭、こう切り出した。2012年の上半期に正式リリースが予定されているマイクロソフトのデータベースソリューション「Microsoft SQL Server 2012」は、ビッグデータをビジネスで&quot...

  • 3641_a.jpg
    2011/12/14

    第1回 Oracle TimesTenとは?

    日本オラクルでデータベースのコンサルタントをしている三浦です。今回は最近更に注目を浴びつつあるインメモリーデータベース製品の特集ということで、私の大好きなOracle TimesTen In-Memory Database(以降 Oracle TimesTen)についてご紹介していきたいと思います。

689件中561~580件を表示
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5