EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【第3回】クライアントPCのグリーンITは運用がカギ 管理ツールPALLET CONTROLの活用法とは

  2009/03/02 18:00

オフィスにおけるグリーンITの主な実現策は、二種類ある。省電力タイプ機器の導入と節電運用の徹底だ。機器のリプレースは段階的に行わざるを得ないが、節電設定や不使用時の電源オフなどは今からでも実行可能だ。しかし、個々の社員に対策を任せていては徹底が難しく、管理者自身が実施するのは負担が大きい。そこで活用したいのが、JALインフォテックのPALLET CONTROL など、PC運用管理ツールだ。

自身のニーズから生まれたPC運用管理ツール

株式会社 JALインフォテック サービス事業本部長 町田正行 氏
株式会社 JALインフォテック サービス事業本部長 町田正行 氏

  株式会社JALインフォテックはJALグループの情報子会社として設立され、グループの情報戦略の実現を担ってきた。

  日本航空が日本IBMにシステム開発とメインフレームの運用に関するアウトソーシング契約を締結したのに伴い、2002年から日本IBMとの提携を強化。JALとJALグループで培ったノウハウとIBMの先進的IT技術を活用し、グループ外の旅行、流通、通信、金融業界などへITサービスを展開している。

  提供しているサービスはアウトソーシング、システムインテグレーション、ネットワーク構築、サーバー設置、テレフォニーなど多岐にわたる。また、オリジナルで開発したパッケージ製品の評価も高く、その一つであるPALLET CONTROLは、クライアントやスタンドアロンPCの管理業務を効率的に行う管理ツールだ。

  JALインフォテック サービス事業本部長の町田正行氏は「業務遂行においてコンピューター活用が必須となっている一方、その管理は大きな負担となっています。たとえば修正パッチの配布では、一台に適用漏れがあっただけで社内ネットワーク全体のリスクとなる。また、PCの入れ替えや移設等にともなう環境設定では、大変な作業量を要します。そこで、そうした作業を簡略化、自動化できるツールがないか探しましたが、ニーズにきちんと合うものが見つからない。それでは自分たちで開発しようと考えたわけです」とPALLET CONTROLが生まれたきっかけを語る。

  当初はソフトウェア配布機能を中心に作り、その延長線の中から資産管理、環境設定変更、ヘルプデスクなどの機能が順次追加されてきた。PALLET CONTROLは現在、クライアントPCの把握からソフトウェア配布、OS各種設定、セキュリティ対策に至るPC運用を支援するツールとして利用されている

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:今からはじめる、グリーンIT導入計画
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5