EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第32回 医師の診断アルゴリズムとITを組み合わせる試み がん発見のための医療画像自動診断システム

今回は、患者の早期がんを自動的に発見しようというエキスパートシステムの開発事例を紹介する。このシステムは、全身PET画像約300枚をがんが写っている可能性の高いものと低いものに振り分けてくれる。その際、画像を分析してがんを読み取る読影医から信頼されるシステムとするために、医師が診断時に行なう手順と思考の流れをデータストリームとしてとらえてモデル化し、コンピュータによる処理結果をそれに忠実なインターフェイスを通して表示していく。そのために、MDPLと名付けたデータ指向型プログラミング言語も開発したという。データベースの高度応用が期待される分野である。

DB Magazine 2007年4月号より転載)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 増永 良文(日本データベース学会会長)(マスナガ ヨシフミ(ニホンデータベースガッカイカイチョウ))

    青山学院大学情報科学研究センター教授。1970年東北大学大学院工学研究科博士課程了、工学博士。 情報処理学会データベースシステム研究会主査、ACM SIGMOD日本支部長、情報処理学会監事などを歴任。2002年に日本データベース学会を設立し、現在同会長。著書に『リレーショナルデータベース入門[新訂版]』(サイエンス社)など。

  • 有澤 博(アリサワ ヒロシ)

    1973年東京大学理学部物理学科卒業。富士通(株)を経て、1975年横浜国立大学工学部に奉職。現在同大学大学院環境情報研究院社会環境と情報部門教授。工学博士。データベース理論、マルチメディアDB、医学情報処理を研究テーマとしている。

バックナンバー

連載:日本のデータベース研究最前線

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5