EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、オラクルの「Agile PLM」でクラリオンの業務システムを刷新

  2009/06/24 12:33

24日、日立コンサルティングは、クラリオンがザナヴィと合併したことに伴う製品情報管理業務の刷新にあたって、同社のノウハウとオラクルの「Agile PLM」を応用し、製品情報と統合、プロセスの効率化を実現したと発表した。早期の統合化と導入の実現のため、独自の「日立PLMテンプレート」を開発し活用したという。

 日立コンサルティングは24日、クラリオンの製品情報管理業務の刷新を支援し、「日立PLMテンプレート」を活用することで、製品情報の統合、業務プロセスの効率化を早期に実現したと発表した。「日立PLMテンプレート」は、日立のPLMに関する技術やノウハウを、オラクルの「Agile PLM」に応用し新たに開発されたものだ。

 クラリオンは、2009年4月にザナヴィ・インフォマティクスと合併し、製品情報の一元管理や業務プロセスの統合、改善、そして製品開発の早期化が急がれていた。そのため、効果的なPLM(Product Lifecycle Management」の早期導入を目指し、日立コンサルティングが製品情報管理業務の刷新を支援していた。

 今回の導入では、クラリオン、ザナヴィで管理していた合計で100,000点にもおよぶ部品、図面情報、取引先情報などの統合を実現した。また、設計、試作、量産までの工程の全ワークフローの一元管理も可能になった。これにより、開発の後工程でも情報共有がしやすくなり、並行した承認プロセスを採用することで、設計リードタイムの短縮を目指すという。
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5