EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第6回:運用開始後のシステム維持管理体制の事前検討 ERP導入プロジェクト成功への秘訣(その2)

  2009/06/30 09:00

システム機能の変更・追加検討と実施

 新しいシステムを構築する際、最初から100点満点のシステムを作れる企業はほとんどないと思います。実際に操作し始め、ある程度慣れてきた段階で、システムの修正や拡張の必要性が明確になってくると思います。

 ここでのポイントは、以下のように導入プロジェクト実施時と同じです。

  • 部分最適な追加開発は行わない
  • 目的や改善目標に則った修正や拡張を行う

 大企業であれば、ITシステム全般に渡る継続的なPMO組織を構築し、常にバランスの取れたIT開発を心がけることが出来ますが、中堅企業ではそういった専任組織を持つことは難しいでしょう。であれば社員の代表者がバランスの取れたIT構築を継続的に「兼任」で監視・管理できる仕組み/体制があることが望まれます。

 そして追加開発が必要になった場合、誰が要件を定義し、開発し、テストを行なうのか、大まかな方針を決めておいた方が良いでしょう。ERPでは帳票などの印刷物の追加・修正は内部メンバが行なう方が一般的に得策なので、その場合は開発予定者への教育も考えておく必要があります。

 導入プロジェクトでは、各業務領域に責任者が組織されると思います。そのメンバを継続的に任命することも一つの案ですし、また運用開始後はメンバ変更するのも良いでしょう。いずれにしても、継続的に管理メンバ(兼任)が必要なことを念頭において導入プロジェクトを進める事が必要です。


著者プロフィール

  • 松本 繁治(マツモト シゲハル)

    米国系FA(ファクトリーオートメーション)機器メーカで生産設備の制御および管理システムの構築を手がける。その後、国内コンピュータメーカで販売管理や生産管理のシステム構築を経験。1998年からは外資系ERPベンダ(SAPジャパン)でコンサルタント/プロジェクトマネージャとして約6年間従事。外資系コンサルティング会社で中堅企業向けの業務コンサルティングやソリューション構築に従事した後、現在はフリーで活動中。

バックナンバー

連載:中堅企業のためのERP導入指南

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5