Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DB2 Star Festival 2009」セミナーレポート Oracle Databaseとの極めて高い互換性―DB2 9.7のPL/SQLサポート

  2009/07/30 10:15

DB2 9.7の一番の目玉「Oracle Database」との互換性の実力はいかに?本稿では、「DB2 Star Festival 2009」の中から、山川多美氏の講演「登場 DB2 9.7 −PL/SQLサポートで移行が容易に」の概要をお伝えする。

かなり高いOracle Databaseとの互換性

 今回のDB2 V9.7でもっとも注目されている拡張は、OracleのストアードプロシージャPL/SQLが、そのままDB2でも動くというものだろう。これについて、実際にベータプログラムのなかで検証した結果が報告された。

 DB2用のストアードプロシージャであるSQL PLをコンパイルするDB2コンパイラーに加え、今回新たにPL/SQLコンパイラーが追加された。「エミュレータではないので、2段階に負荷がかかることもありません」。

日本アイ・ビー・エム
SWテクニカルセールス&サービス ベータプログラム推進
コンサルティングITスペシャリスト 山川多美氏
日本アイ・ビー・エム SWテクニカルセールス&サービス ベータプログラム推進 コンサルティングITスペシャリスト 山川多美氏

 

 日本アイ・ビー・エム SWテクニカルセールス&サービス ベータプログラム推進 コンサルティングITスペシャリストの山川多美氏は、レジストリ変数などを利用して、コンパイラーの選択を含めた互換モードを容易に使い分けられると説明する。

 コンパイラーだけでなく、OracleのSQL*Plusと同様な対話式インターフェースのCLPPlusも追加されている。今回の拡張では、PL/SQLのサポート内容はかなり広範囲に亘るとのこと。たとえば、ビルトイン・パッケージ・サポートや、一部の互換性のないデータディクショナリについてもビューという形で対応し、データ・タイプの暗黙的なキャストもサポートされている。

図1:DB2 9.7移行強化ポイント
図4:DB2 9.7移行強化ポイント
図2:PL/SQLサポート内容
図5:PL/SQLサポート内容

 現段階ですべてのPL/SQLのプログラムが、手を加えずにそのままDB2の上で動くというわけではない。2008年夏から、世界中でV9.7のベータプログラムが実施されており、そのなかで多くの企業がOracleからの移行テストを行っている。

 それらの結果を見ても「かなり動くと実感している」と山川氏。動かないポイントはほぼ共通しているので、実際に移行する際にはどうすればよいか明らかになってきているとのことだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5