Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国際会計基準へのIT処方箋~ITの観点からIFRSへの対応を考える(前編)

  2009/08/21 12:00

IFRSへの対応に苦慮しているであろう多くの日本企業に対し、ITの観点での処方箋を考えます。

金融庁の強制適用を見守る企業たち

 黒船がやってきたのは1852年(嘉永5年)、ここから日本では佐幕派と攘夷派に分かれて内乱とも言えるような幕末が始まった。この時に、異人や攘夷派は見つけ次第切り捨ててしまえば良い、と短絡的に考えて行動していた者もいれば、少数ではあるが、幕府や藩という狭い枠で戦っていたら日本が駄目になると大局的に考えて行動していた者もいる。

 米国企業改革法(以下US―SOX)対応は、まだ記憶に新しい〝黒船〞であろう。これに続くがごとく、国際会計基準(国際財務報告基準、以下IFRS)の日本への導入も、金融庁が6月に「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」を公表したことで、いよいよ後戻りできない段階に差しかかってきた。

 しかしながら、まだ詳細な規定が明確化されているわけではなく、各企業のIFRS対応は、情報収集をしながらも、2012年といわれるIFRSの強制適用の判断が、金融庁からなされるのを様子見している企業が大半であると思われる。

 一方、すでに米国会計基準を採用している企業や海外の資本市場で資金調達を行う必要のある企業では、自社のIFRS対応への影響度を分析、把握して、積極的に対応アクションをとり始めている企業も見られる。この状況において、IFRSへの対応に苦慮しているであろう多くの日本企業に対し、ITの観点から処方箋を考えてみたい。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 伊藤 雅彦(イトウ マサヒコ)

    株式会社 日立コンサルティングシニアディレクター 会計事務所で税務を担当後、外資系企業の韓国法人と日本法人でCFO(最高財務責任者)を10年間務める。VCF(Value Create Finanace)をコンセプトに決算早期化、シェアードサービス設立、経営情報充実化、会計システム導入などを担当し、...

  • 中村 誠(ナカムラ マコト)

    株式会社 日立コンサルティングシニアディレクター 日立製作所 情報システム部門にて、システム開発、保守運用、エンタープライズ・アーキテクチャー策定、情報戦略策定等に従事。20年間に渡る現場経験をふまえたコンサルテーションが得意。

バックナンバー

連載:IT Compliance Reviewスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5