Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第4回 【四】積み残し、先送り案件の明確化と周知徹底。

  2007/10/25 12:00

 システム開発に発生しがちな「先送り案件」。しかしその内容が明確に、周知徹底されていないと、トラブルの元となります。

やるの? やらないの?

 やるのか、やらないのかよくわからない、なんとも意思の不明確な案件、要件というのがよくあります。明確にするために確認しようとすると、開発依頼者の性格にもよるのですが、中には反応の無い人がいます。決めかねているのかもしれない、考えているのかもしれない、決められない事情があるのかもしれない、いろいろ推測はできるのですが、システム開発担当者としては本当に困ります。

 何かを進める時、どういう理由があるにしろ、決まらないということはあるわけで、それ自体は問題ではなく、きちんと管理すればよいのですが…、決めるのか、決めないのか、決められるのか、決められないのかも、よくわからない、ちょっと待ってくれとしか言わない、さらに訊ねても反応がない時など本当に困りますね。こちらも人間関係を壊したくないからしつこくは聞けない…、聞いてよいのか、聞いても答えられない状況なのか、いろいろ推察などして、疲れます。さて、あなたならどうします?

 システム開発においては、やるにしろ、場合によっては、やらないということであっても、それ相応の手当てが必要となりますから、この様な場合本当に困るわけです。せめて、どういう問題がおこるのかについて、相手がわかっているのか、わかっていないのか位は知りたくなりますね。

 さらに、そういう人に限って、問題がおこると何で言わなかったのだ、言ってくれればすぐにやったのに・・などと言うわけです。……!?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 菊島 靖弘(キクシマ ヤスヒロ)

    独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC) リサーチフェロー。 1975年東京海上火災保険に入社。以来30年間、損害保険、生命保険、確定拠出年金といった業務システムの開発に携わった他、東京海上日動システムズ取締役品質管理部長として、トラブル削減や、開発品質管理の向上を実現。2005年から株式会社アイネス。経済産業省・プロセス改善研究部会主査、同・開発プロセス共有化部会副主査。東京海上日動システムズ技術顧問。情報処理学会IS研究会委員。JUAS主席研究員。JISA要求工学調査委員会委員。 著書:SEC BOOKS「経営者が参画する要求品質の確保―超上流から攻めるIT化の勘どころ」(オーム社・共著)、「実務で役立つプロジェクトレビュー」(翔泳社)

バックナンバー

連載:開発担当者必携!トラブル削減のための原則拾七ヶ条

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5