Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ドキュメント作成のためのMicrosoft Officeテクニック 第13回 新バージョンのここが知りたい、Word 2007における文書作成の基本 (2)

  2007/11/06 19:00

 この連載では、ビジネス文書を作成する上で知っておくと便利なMicrosoft Officeの操作テクニックを紹介します。今回は、Word 2003から乗り換えたWord 2007ユーザーの方のために、文書作成に必要な見出しスタイルの設定をはじめ、表作成、箇条書きと段落番号、および、段落と改ページの操作方法などについて紹介します。

はじめに

 前回に引き続き、見映えや操作性が大きく変わったWord 2007の使いこなし方法について紹介するシリーズ第2回です。

 今回は、Word 2003から乗り換えたWord 2007ユーザーの方のために、文書作成に必要な見出しスタイルの設定をはじめ、表作成、箇条書きと段落番号、および、段落と改ページの操作方法などについて紹介します。

見出しスタイルの設定

 最終的に目次を作成するためには、それぞれ見出しスタイルを適切に設定する必要があります。Word 2007では、リボンの[ホーム]タブ内の[スタイル]で見出しを設定します。

 Wordの画面を小さくしている場合は、下の図のように[クイックスタイル]をクリックし、スタイルギャラリーの一覧から見出しスタイルを選択します。各スタイルをポイントすると編集ウィンドウ上でプレビューを確認でき、クリックすると実際にそのスタイルが設定されます。

見出しにしたい段落にカーソルを移動し、[クイックスタイル]をクリック
見出しにしたい段落にカーソルを移動し、[クイックスタイル]をクリック
スタイルをポイントするだけで編集ウィンドウにプレビューで確認できる
スタイルをポイントするだけで編集ウィンドウにプレビューで確認できる

 Wordの画面が大きい場合は、[スタイル]欄に下の図のようにスタイルギャラリーがスクロールバー付きで表示されます。現在設定されているスタイルはオレンジ色で囲まれ、ポイントしているスタイルは薄いオレンジ色で囲まれます。

スタイルギャラリーから[見出し1]をポイントした画面
スタイルギャラリーから[見出し1]をポイントした画面

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(...

バックナンバー

連載:ドキュメント作成に欠かせないコツを伝授~Microsoft Office再入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5