Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ドキュメント作成のためのMicrosoft Officeテクニック 第14回 新バージョンのここが知りたい、Word 2007のグラフィックの操作 (3)

  2007/11/15 19:30

 この連載では、ビジネス文書を作成する上で知っておくと便利なMicrosoft Officeの操作テクニックを紹介します。今回は、Word 2003から乗り換えたWord 2007ユーザーの方のために、オートシェイプなどの図形描画ツール、図の挿入および配置やトリミング方法などについて紹介します。

はじめに

 従来までのバージョンに比べ、見映えや操作性が大きく変わったWord 2007の使いこなし方法について紹介するシリーズ第3回です。

 今回は、Word 2003から乗り換えたWord 2007ユーザーの方のために、オートシェイプやテキストボックスなどの図形描画ツール、図の挿入および配置やトリミング方法などについて紹介します。

Word 2007におけるグラフィック編集ツールの魅力

オートシェイプのデザインが豊富!

 Word 2007では、オートシェイプのデザインテンプレートを豊富に取り揃えています。そのテンプレートから好きなものをクリックするだけで、簡単にそのスタイルを適用することができます。

図形の視覚的スタイルの一覧

テキストボックスに組み込みスタイルが搭載

 Word 2007では、組み込みスタイルのテキストボックスが用意されています。リボンの[挿入]タブから[テキストボックス]をクリックすると、ポップアップメニューで組み込みテキストボックスの一覧が表示されます。

組み込みテキストボックスの一覧
組み込みテキストボックスの一覧

 プレーンなテキストボックスを挿入するには、下の[横書きテキストボックスの描画]または[縦書きテキストボックスの描画]をクリックして、マウスでドラッグします。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(...

バックナンバー

連載:ドキュメント作成に欠かせないコツを伝授~Microsoft Office再入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5