Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第5回 自分が実際に管理するならどっちを使いたい? Hyper-V vs VMware 統合管理ツール対決

  2010/02/02 07:00

仮想化システムを最大限活用するためには、仮想環境特有の運用管理の仕組みや考え方が必要です。そこで今回は、仮想環境の運用管理を支援する代表的な製品をご紹介します。

[比較10]: 統合管理ツール

 Hyper-V/VMware ESXともに、仮想環境を管理する無償ツールが提供されています(表1)。

表1: 標準管理ツール
表1: 標準管理ツール

 これら標準ツールでは、仮想マシンや仮想ネットワークの作成、仮想マシンへのコンソール・アクセスなど、1台のホストを管理するために必要な機能を実行できます。

図1: Hyper-V マネージャー
図1: Hyper-V マネージャー

 “仮想環境がどのようなものなのか試してみたい”という用途であれば、ハイパーバイザーと上記無償管理ツールだけでも十分でしょう。しかし次のような運用は、標準ツールでは不可能もしくは困難なため、統合管理製品の導入を検討する必要があります。

統合管理製品が必要なケース
  • 2台以上のホストを統合管理し、仮想マシンをホスト間で移動または複製する
  • 仮想マシンのテンプレートを作成し、新規仮想マシンをテンプレートから展開(プロビジョニング)する
  • 複数のホストや仮想マシンで利用可能なファイル(ISOイメージなど)を、ライブラリとして管理する
  • ホストおよび仮想マシンの監視を行い、ルールに基づいてアラートを上げる

 利用形態にもよりますが、2台以上のホストが存在する環境では統合管理製品を導入したほうが、中長期的な運用コスト削減につながるでしょう。Microsoftでは「System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)」を中心としたSystem Center製品群、VMwareでは「VMware vCenter Server」などの管理製品を提供しています。

 統合管理ツールの概要や役割は以前の記事で解説していますので、そちらをご参照ください。今回は、最新バージョンの新機能や特徴に絞ってご紹介します。

 SCVMMの最新バージョンは、2009年10月に出荷されたSCVMM 2008 R2です。基本的な仕組みや導入要件は前バージョン(SCMVMM 2008)から変化していませんが、いくつか新しい機能を提供しています。

SCVMM 2008 R2の新機能
  • Hyper-V 2.0ホストの管理
  • Live MigrationなどHyper-V 2.0新機能のサポート
  • Quick Storage Migrationのサポート

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 前島 鷹賢(マエジマ タカマサ)

    Microsoft MVP for Virtualization - Virtual Machine 日本アイ・ビー・エム(株)に勤務。MicrosoftやVMware製品を中心としたx86インフラ環境の設計・構築に従事。特にWindowsサーバー/クライアント環境のシステム管理・監視、セキュリテ...

バックナンバー

連載:比較で学ぶHyper-V 2.0

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5