EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Lotusphere Comes to you 2010 基調講演レポート 不景気の今こそ私たちの働き方を見直す千載一遇のチャンス~生まれ変わったLotusが日本のワークスタイルに貢献できること

  2010/03/25 13:30

多くの製品がリリースを控える2010年後半

 基調講演では、直近で予定されている製品のリリースについても、いくつか言及された。主要なところでは、Lotus Notesのオンライン版「LotusLive Notes」がある。企業利用で実績あるLotus Dominoのメールやスケジュールを、ブラウザベースまたはNotesクライアントからも利用できるようになるという。第二四半期にはβ版が登場、2010年後半に製品発表の見通しだ。

IBM LotusLiveファミリー
IBM LotusLiveファミリー

 また、LotusLiveは、自社保有型の業務システムやパートナー・サービスを「つなぐ」、統合プラットホームとしての位置づけを強化する。そのためのAPIが、2010年後半を目処にリリースされる。また、第二四半期にはセールスフォース・ドットコムやSkypeなど多数のパートナーソリューションとLotusLiveを統合する機能の提供開始も予定している。

 これらのリリース計画とは別に、スライドライブラリー機能などIBMリサーチによる研究開発の成果をいち早く取り入れ、実証する場としてLotusLive Labsを発表。そして、業務プロセスへのコラボレーションを統合する業界別アプローチとして、Collaboration Agendaを提案していく。

LotusLive 2010 - コラボレーション統合プラットフォーム
LotusLive 2010 - コラボレーション統合プラットフォーム

 進化を続けるLotusソフトウェアが目指すもの。それを具現化したものがProject VULCANと呼ばれる計画だ。Continuity(継続)、Convergence(統合)、Innovation(革新)、New Opportunities(機会)をキーワードとして、数年以内のリリースを目指して開発が進められているという。このプロジェクトが完了すると、既存アプリケーションの境界を越え、ユーザーが単一の画面をベースとして、統一された操作性の中であらゆるビジネス活動を完結できるようになるという。講演中に上映されたデモ映像では、電子メールコンテンツをドラッグ&ドロップでフォルダ移動させたり、あるいはキーワードをもとに全社システム上から自動的に情報を収集し、テキストやビデオ、ボイスチャットを行う機能などが紹介された。

 ポーリー氏は約1時間の講演を「IBMが世界をスマートにするのではない。みなさんの会社が世界をスマートにするのだ。ぜひ御社のビジョンをIBMに聞かせてほしい。それがIBMの課題となる。私たちは御社の企業を変革するために存在している」と締めくくった。



著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5