Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、「Pulse Japan 2010」の開催を5月18日に決定 大企業を中心に本格化の動きあり!事例で学ぶクラウド導入の勘どころ

  2010/04/02 07:00

パイロット運用を終えた大企業を中心にクラウドの実践が始まっている。具体的な導入に着手するにあたって、押さえておくべきポイントにはどのようなポイントがあるだろうか? 日本IBMが5月18日に開催する「Pulse Japan 2010」では、クラウド実践におけるポイントや具体的な事例が豊富に紹介される予定だ。

今年の夏から大企業中心にクラウド導入の動き

 クラウドは新しい局面を迎えつつある。昨年までは目新しさも手伝って人々の関心を獲得している部分も大きかったが、今年に入ってからは現実的な利用を検討する企業も増えてきているようだ。パイロット運用を終えた大企業が夏ごろから具体的な運用を始めるのではないかと見る向きもある。

 では、実際の運用に着手するにあたって、どのような点を踏まえておくべきだろうか。これまではメリットや技術的課題などのマクロ的な視点から情報収集をしていた人も多いだろう。しかし、何らかの製品やテクノロジーを導入する場合には、実装や運用などのミクロ的な観点も必要になる。既存システムとの整合性をどのように担保するか。いかにして稼働率やセキュリティーのギャップを解消するか。運用体制はどのように切り分けるのか。

 ここで有力な手がかりとなるのが「サービスマネジメント」という考え方だ。もちろん、ユーザーのニーズを充足するITサービスを安定的・継続的に提供するための仕組みはクラウドに限って必要となるものではない。しかし、システムや運用のあり方が大きく様変わりしつつある現在、サービスマネジメントという競争優位性の源泉を自社に取り入れるチャンスであることも事実だ。このような事情を踏まえ、IBMが今春開催するのが「Pulse Japan 2010」である。

昨年秋に開催されたPulse 2009 Japanの様子
昨年秋に開催されたPulse 2009 Japanの様子

 国内での認知度はまだまだ高くないものの、早くからその有用性を提唱してきたIBMは、サービスマネジメントを主題としたカンファレンスを過去開催してきた。2008年からはそれらを引き継ぐ形で、世界各国で「Pulse」を開催している。

 今回のPulse Japan 2010は、去る2月21日から24日に米国で開催されたPulse 2010を国内向けに再構築したもの。「クラウド時代到来。決め手は“サービスマネジメント”」というサブタイトルにあるとおり、現実味を帯びてきたクラウドの企業利用はサービスマネジメントを考える絶好の機会とのメッセージだ。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5