Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通が掲げるクラウド戦略とその優位性とは?

  2010/05/13 22:00

2010年5月13日(木)、東京国際フォーラムで「富士通フォーラム 2010」が開幕した。一日目の基調講演には、富士通株式会社 執行役員社長の山本正巳氏が登壇し、同社のクラウド戦略について語った。

富士通クラウドの強みとは?

 2010年5月13日(木)、東京国際フォーラムで「富士通フォーラム 2010」が開幕した。一日目の基調講演には、富士通株式会社 執行役員社長の山本正巳氏が登壇。「夢をかたちに ―shaping tomorrow with you―」と題して、クラウドを中心とした同社のICT戦略を解説した。

富士通株式会社 執行役員社長山本正巳氏
富士通株式会社 執行役員社長山本正巳氏

 「システムの運用や維持にかかる費用はシステム予算全体の60%以上にも及ぶと言われている。進化するICTはコスト削減や効率化、環境面でさまざまな革新をもたらす。しかし、そのメリットをもたらす新規開発にはなかなか手が回らないのが実情だ。理想的には運用保守費用を圧縮して、戦略投資を40~50%に引き上げることが望ましい」(山本氏)。

 そのための切り札として富士通が提案するのがクラウドだ。GoogleやAmazon、Salesforceといった海外勢が先行するクラウド市場において、同社が訴えるのは「信頼」と「実績」。「構築・運用ノウハウとプロダクトからネットワークにいたる一気通貫の総合力がある。実績と総合力の2つの強みでシステムのプラットフォームを最適にインテグレーションできる唯一のベンダー」であると山本氏は訴える。

富士通クラウドサービスのラインナップ
富士通クラウドサービスのラインナップ

 SaaS、PaaS、IaaS、NaaSなど幅広くクラウドサービスを提供している同社は、すでにグローバル展開を行うための態勢も整えている。現時点でデータセンター90拠点とサポートデスク48拠点を構えているが、今年度中にはアメリカ、イギリス、ドイツ、シンガポール、オーストラリアの5カ国でプラットフォームを強化する。海外進出を強める日本企業をグローバルでも支える構えだ。国内でのサービス提供は、同社の主力拠点である館林データセンターが中核となる。

データセンターなどのグローバル展開を進めている
データセンターなどのグローバル展開を進めている

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5