EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第4回「システム管理者感謝の日」トークセッション 「ITエンジニアは、あしながおじさん」 森下千里がシステム管理者にエール!

  2010/08/06 07:00

クラウドによる効率化で、社会に大きなインパクトを

 クラウドの目的として経費削減効果が注目されているが、決してシステム管理者の総数が変わるものではないという。しかし、管理の質は変わり、アウトプットも変わっていくことが予想される。「どのような変化があるのか」という伊藤氏の投げかけに、竹藤氏は「まだまだクラウドが担う部分は全体の1%にも満たない。

写真左:竹藤浩樹氏
(株式会社ビーエスピー 代表取締役社長)
写真右:宇陀栄次氏
(株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長)
写真左:竹藤浩樹氏(「システム管理者の会」発起人、株式会社ビーエスピー 代表取締役社長)写真右:宇陀栄次氏 (株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長)

 しかし、電力システムなどIT以外では、所有から利用へという利用形態は普通のこと。慣れれば活用は広がるだろう」という。それに伴い、システム管理者は「何を選ぶか」というディレクター的な役割を果たすことになり、宇陀氏は「クラウドの活用でシステム管理者の逆襲がはじまる」とジョークを交えつつも、「システム管理者の生産性が向上することで、社会のシステムも大きく進化する。それによって地域や社会が活性化することを望みたい」と展望を語った。  

 その後、森下氏が手がけるカレーショップの話に脱線しながらも、「クラウド技術は外来産だが、日本的なアレンジでカレーをカレーライスにしたように、ITでも新しい価値を生み出してほしい」と宇陀氏がまとめ、竹藤氏も「新時代はチャンス、感謝される仕事としてプライドを持ってがんばろう」と激励した。森下氏も「そのモチベーションのためにもユーザーは、いっそうの感謝の気持ちを表現しなければ」とコメント。くだけた雰囲気に多彩な示唆があふれるトークセッションに聴講者からは大きな拍手が寄せられた。



著者プロフィール

  • 伊藤真美(イトウ マミ)

    フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5