Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第5回 魔法のようにバックアップする~高速コピー機能の発展とその実装(2)

  2007/11/30 12:00

 今回は、可用性を高めるために各ディスク装置に備わっている高速コピー機能の使われ方や種類を紹介する。(1はこちら

架空カップル型のポインター・コピー方式

 ポインター・コピー方式は登録簿のようなものを用意し、データの書かれた位置をポインターとしてこの登録簿に記録し、高速コピー機能を起動したときはこのポインター情報のみを記録上移動させることで高速にコピーを完了させる方式である。

 つまりコピーした時点では実質的なデータ容量は一切増えないしデータの物理的な移動も発生しない。しかしユーザーから見ると2つのディスクの内容は全く同じなのだ。実際に2人いないのに2人いるように見せているのでここでは「架空カップル型」と呼ぶこととする。

 当然ではあるが片方に更新がかかると、2人の間に異なるデータができてしまう。これに対処するために、通常は特別なエリアが事前に用意されており、そこに変更前のデータを退避させるような仕組みを用意しておく。変化(書き込み)が生じたときに初めて古いデータを退避エリアにコピーして移動させるため、この方式はコピー・オン・ライト(Copy on write)方式とも呼ばれている(図5-5)。

図5-5 ポインター・コピー方式と登録簿
図5-5 ポインター・コピー方式と登録簿

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 佐野 正和(サノ マサカズ)

    1986年日本アイ・ビー・エムの入社、本社SE技術部門で13年間ストレージ製品を中心に技術サポートを行なう。1999年にストレージ製品事業部に移り、以後、IBMストレージ製品の営業推進やソリューション推進、製品企画などの業務に携わる。現在、システム・ストレージ事業部でソリューション担当部長を拝任し、...

バックナンバー

連載:システム担当者のための今さら聞けないストレージ再入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5