EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ITCインフラを一括して仮想的に提供 富士通、IaaS「オンデマンド仮想システムサービス」を10月から提供開始

  2010/09/27 12:04

富士通は、サーバなどのICTインフラをネットワーク経由でオンデマンド利用できるクラウドサービス(IaaS:Infrastructure as a Service)「オンデマンド仮想システムサービス」を10月1日より提供開始する。
 

富士通は、サーバやストレージだけでなく、ネットワーク、セキュリティ機能までを含む、ICTインフラをネットワーク経由でオンデマンド利用できるクラウドサービス(IaaS:Infrastructure as a Service)「オンデマンド仮想システムサービス」を10月1日から提供を開始すると発表した。

このサービスは、ICTインフラを一括して富士通のデータセンターからネットワーク経由で仮想的に提供するもので、顧客が利用用途に合わせて従量課金制で利用できるパブリック型のクラウドサービス。ユーザーは月末に集中する会計業務や、開発期間が不定期なシステム開発など、信頼性・拡張性が求められる業務において、ICTシステムを自前で構築することなく、必要なときに必要なだけ、低コストで利用することができるとしている。

富士通は、このサービスを2010年5月末から9月末まで、200社にトライアルで提供しており、トライアル期間中に要望が高かった仮想ICTシステムの構成テンプレートの拡充やネットワーク接続機能、ユーザーコミュニティ機能などを新たに追加し、商用サービスの提供を開始するという。

■サービス紹介サイト
http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/paas-iaas/sop.html
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5