EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクルDBにおけるパフォーマンス課題の解決を支援する「RESQ」とは?

  2010/10/22 00:00

IT環境の向かうべきゴールを定め、道筋を提案

 またIOアクセラレータによるDBインフラ採用で、高速化と同時に注目すべきメリットが、基本的にアプリケーションとデータ側に手を加えることなく導入できることだ。業務を止めずにインフラだけを入れ替え、大幅なパフォーマンス向上が見込まれる。ただ木村氏は、RESQの目的は必ずしもIOアクセラレータ活用によるDBインフラ構築だけではないと強調する。

 「劇的な高速化は確かにゴールの一つですが、お客様の状況やニーズにより、すべてに当てはまるソリューションだとは考えていません。一般的な外部FCストレージにも、コスト面、耐久期間など、様々な長所があります。まず、現状のパフォーマンスの問題をきちんとモニタリングして、適材適所の対応が必要だと考えています」(木村氏)。

 ここでポイントになるのが、サーバーやストレージから電源、データセンターの空調までを網羅できるHPの総合コンサルティング力だ。吉岡氏は「まず現状を把握し、将来のお客様のビジネスとIT環境がどうあるべきか、というゴールを設定する」という基本方針の重要性を指摘する。その上で、「ゴールに行く道筋のロードマップをきちんと定義し、スケジューリングしてお客様に提案するのが日本HPのコンサルタントの役割」であると木村氏は語る。

 現在の企業DBでは、これまで以上に高い処理性能、信頼性、データの保全性、整合性が求められている。RESQをはじめとする日本HPのソリューション、コンサルティングに注目したい。



著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:EZ Interview

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5