Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立のグループ力を生かし、グローバル展開に注力する―ネットイヤー石黒氏が日立ソリューションズ林社長に聞く

  2010/12/21 00:00

2010年10月1日、日立製作所のIT系子会社、日立ソフトウェアエンジニアリングと日立システムアンドサービスが合併し、従業員数1万人を超える国内最大級のソリューションベンダー、日立ソリューションズが誕生した。今後、同社はどのような戦略をもって、国内およびグローバル市場で戦っていくのか。日立ソリューションズ取締役社長 林雅博氏に、インターネット技術を活用したマーケティング業務支援事業を展開しているネットイヤーグループ代表取締役社長 石黒不二代氏が話を聞いた。(以下、敬称略)

国内最大級のITソリューションベンダーが誕生

石黒
今回の合併により国内でも最大規模クラスのITソリューションベンダーの誕生となりましたね。
旧日立ソフト、旧日立システム両社の2010年3月期の売上を単純に合計すると、連結ベースで約2,600億円です。売上が3000 億円以上というのが業界トップレベルの一つの目安になっています。当社は合併したことで、ようやくトップレベルに近づいたというところです。業界トップレベルと呼ばれるためには、まだまだ上を目指していかねばならないと思っています。
林 雅博 氏
株式会社日立ソリューションズ取締役社長
石黒
合併前の両社も日立グループにおけるIT戦略を遂行する中核的な位置を担っていたと思われます。合併して規模が大きくなったことで、日立グループ内での期待も大きくなったのではないでしょうか。
日立グループでは幅広い事業を展開していますが、その中でも情報通信関連事業は中核事業として位置づけられています。今回の合併により、当社はIT関連事業の中核企業として日立製作所とも連携し、ITの提供を通してグループの発展、拡大に貢献していかねばならないと考えています。

 

次ページへ続く

 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5