Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、Solaris 11のセミナーを開催 群を抜いた機能をめざして進化するSolaris 11

  2011/02/01 14:41

日本オラクルは、さる1月19日、東京・八重洲において「クラウド時代を担う新世代OS Solaris 11」と題するセミナーを開催した。セミナーは、「Solaris 11 Express」と今年後半に予定されている「Oracle Solaris 11」を紹介するもの。ここでは、Solaris 11の全体的な概要と位置づけを説明したオラクル・コーポレーションのチャーリー・ボイル氏とSolaris 11 Expressの技術概要を説明した日本オラクルの大曽根明氏のセッションをレポートする。
 

アップタイムの最大化とダウンタイムの最小化

「データセンターの進化を導くOracle Solaris 11」と題するセッションを担当したのは、オラクル・コーポレーションのインフラストラクチャ&マネジメント・プロダクト・マーケティング担当のシニア・ディレクターであるチャーリー・ボイル氏。ボイル氏は、Solaris 11が、次世代データセンターの要件を満たすために、基本的なパフォーマンスをさらに押し上げる展望のもとに設計されていることを語る。

オラクル・コーポレーション チャーリー・ボイル氏
チャーリー・ボイル氏

将来のデータセンターにおいて、ネットワークパフォーマンスは数百Gbpsに、コアとスレッドは数千のスケールに、メモリは数百TBのスケールに、データのスケールはエクサバイト単位まで要求されるようになるとして、それを見越したアーキテクチャとテクノロジーによって設計されているという。

Solaris 11に群を抜いた機能を実現させるという姿勢がセッションのさまざまなところで示された。

可用性においては、「ダウンタイムは数秒単位、アップタイムは年単位」をめざして、インストール、起動、アップデートを最小限に抑えようとしている。たとえば、アップデートメカニズムを稼働中に更新されるようにして、1回の短時間の再起動でシステムが更新されるようにしている点などだ。

仮想化においては、Solaris 10において導入されたSolarisゾーンがアプリケーションとエンドユーザー双方に対して、より中心的なものとなるよう機能拡張されたという。クライアント・ゾーン、ルータ/ファイアウォール・ゾーン、Webサーバー・ゾーン、アプリケーションサーバー・ゾーン、データベースサーバー・ゾーンなどが仮想環境としてOracle Enterprise Managerによって管理される。

オラクルは、Solaris 11を継続的にサポートし続けることを表明して、2015年にまで至るロードマップを示している。2010年のSolaris 11 Expressに続いて、今年後半のSolaris 11、さらに高可用性対応、メモリ、コア・スレッドなどのスケーラビリティの向上などの機能拡張が順次登場するとしている。(次ページへ続く

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5