EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

#4 日本型グローバルITガバナンスの4つの原則

  2011/02/24 00:00

今回は、これまで述べてきた日本企業の特徴を考慮して、日本型のグローバルITガバナンスの構築において有効と考える4つの原則を提示する。

原則①:プロセスとリソースの最適化に焦点をあてる

多くの組織は、地域別または事業(製品ライン)別に編成されている。これは、目標を設定したり、業績を管理したりするうえでは一見合理的に見えるが、業務プロセスの観点からは必ずしも最適化にはつながらない。すべての地域において類似した自己完結型のバリューチェーンが形成されているわけではなく、例えばアジアで部品を製造し、日本で組み立て、欧州市場で販売するといった具合に、地域と事業(製品)のマトリックスはグローバルなバリューチェーンの一部分を構成する要素となることが多い。

また、世界中に散らばったリソース(人、資金、資材など)を物理的に中央に集約するのではなく、必要に応じて共有したり、タイムリーに移動させたりできるよう、その所在を追跡し、情報を統合する仕組みが必要となる。これを実現するためには、パフォーマンスやリードタイムを測定する統一した指標をもち、常にこれに照らして最適化を図ることが求められる。

原則①におけるビジネス要件と求められるITの対応
ビジネス要件 求められるITの対応
  • グローバルなパフォーマンス向上を目指して、プロセスやリソースの再配置が迅速に行える。
  • グローバルな視点でプロセスやリソースの重複や無駄を排除する。
  • パフォーマンスやリードタイムを計測し、改善を図るために統一的な指標を設定する。
  • 地域および製品ラインにまたがるプロセスやリソースに着目し、業務システムと情報(データ)の清流化を図る。
  • 類似または共通のプロセスを特定し、共有化や標準化を図る。
  • プロセスやリソースの状況をリアルタイムで把握するために情報の集約化を図る。

出典:ITR

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 内山 悟志()

    株式会社アイ・ティ・アール 代表取締役 プリンシパル・アナリスト  大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年にデータクエスト・ジャパン株式会社に入社し、IT分野におけるシニア・アナリストを務める。1994年、情報技術研究所を設立し、(現:㈱アイ・ティ・アール)代表取締役に就任。同分野では世界最大手である米国ガートナーグループと業務提携契約を締結、ガートナーグループ・ジャパン・リサーチ・センター代表を兼務する。1997年12月に、ガートナーグループとの提携を解消し、社名を株式会社アイ・ティ・アールに改め現職に。現在は、大手ユーザー企業のIT戦略立案・実行のアドバイスおよびコンサルティングを提供する。主な著書に「TCO経営革新」(生産性出版:共著)、「名前だけのITコンサルタントなんていらない」(翔泳社)、CIO Magazineにおける編集協力・記事多数、その他寄稿記事、講演、新聞、専門誌等へのコメント提供多数。

バックナンバー

連載:グローバルITガバナンス最新事情
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5