EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

博物館が実践する新しいデータ活用のあり方 Androidで博物館を3倍楽しむ!~東京国立博物館「とーはくナビ」レポート

  2011/03/22 00:00

手のひらで将軍献上用の器を焼く

 展示品によって解説コンテンツの内容はさまざま。写真や動画だけではなく、スマートフォンの特徴をうまく活用した力作が随所に散りばめられている。その一例が、このバーチャル・ワークショップだ。

 写真は、将軍家御用達として厳格に製造工程が定められた「鍋島焼」の製造工程を体験するもの。

まずは説明。
まずは説明。
音声に沿って工程が動画で説明される。
音声に沿って工程が動画で説明される。
途中で「塗ってみよう!」の指示。
途中で「塗ってみよう!」の指示。
指を使って皿の上に顔料をグリグリと塗る。
指を使って皿の上に顔料をグリグリと塗る。
その後も、いくつかの工程を経ると・・・、
その後も、いくつかの工程を経ると・・・、
最終的に色合い豊かな鍋島焼が完成。
最終的に色合い豊かな鍋島焼が完成。

 文章だとピンと来ない説明も手を動かすと自然と頭に入っていく。工程を体験した後に現物を見ると、その精巧さに感動するので、ワークショップの効果は偉大だ。「実際の展示品を前にワークショップを開催したかった」(今井課長)という理由がとてもよく分かる。

ワークショップ後に現物を見ると感動もひとしお
ワークショップ後に現物を見ると感動もひとしお

著者プロフィール

バックナンバー

連載:データ活用新時代

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5