Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

世界におけるクリーンテクノロジー関連の取り組み

2011/04/15 11:08

 東日本大震災、そして福島の原子力発電所事故を契機に、代替エネルギーに対して注目が高まっている。代替エネルギー、そしてクリーンエネルギーにはどのようなカテゴリーがあるか、世界の取り組み状況をを整理してみた。

クリーンエネルギーに対しての関心の高まり

 このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

 地震後、関東でも計画停電が始まり、改めてエネルギーについての意識が高まっている時期である。Twitterでも、原子力発電の代替として太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入するべきだという議論をしている人も多く見かけるようになった。

 被災地では現在でも余震が続き、物資不足や燃料不足なども解消されていないところがある。さらに福島原発は、引き続き予断を許さない状況が続いている。このような中で、今後の復興政策について検討をするのは早計という意見もあるかもしれない。

 しかし、計画停電の影響はわれわれの日常生活だけでなく、工場での生産などの企業活動にも影響を与えている。さらに、今年の夏の電力供給不足を懸念する声も大きい。

 この状況に対処するべく、枝野官房長官は3月29日午後の記者会見で、今後の復興政策に関連して、エネルギー政策に関してはクリーンエネルギーの推進をひとつの柱とするという見解を明らかにした。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 新井 宏征(アライ ヒロユキ)

    SAPジャパン、情報通信総合研究所を経て、2013年よりプロダクトマネジメントに特化したコンサルティング会社である株式会社スタイリッシュ・アイデアを設立。2006年に『プロダクトマネジャーの教科書』を翻訳出版後、企業に対するプロダクトマネジメントの導入や新規事業開発、製品開発の支援を行っている他、「...

バックナンバー

連載:グリーン技術最前線
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5