EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第1回 企業にスマートフォンを導入する際の5W1H

  2011/05/06 07:00

スマートフォン導入は、利用シーンからスタートする

ここまで書いてきたように、投資対効果を考える場合も、通信回線を検討する際も、あるいはiPadを提供すべき部門を決定する際にも、すべて利用シーンの検討が必要になる。つまり、「スマートフォンは情報端末だから」という理由だけで、情報システム部門に丸投げしてしまってはいけない、ということだ。営業に利用するのであれば営業部門、あるいはマーケティング部門といった部門が、導入に積極的に関わり、営業活動の見直しも含めて利用シーンを考えるということになる。

スマートフォン導入のための5W1H
Who(誰が) 営業マン?全社員?
What(何を) iPhone?iPad?Android携帯?
When(いつ) 平日業務?休日の在宅業務?
Where(どこで) 出先?街角?自宅?
Why(どうして) 作業の効率化?在宅環境の整備?
How(どのように) 情報システム部門にまる投げ?

 スマートフォンは、様々な場面で利用できる。PCなら立ったままというわけにはいかないが、iPhoneやAndroid携帯であれば、街角でメールを確認し、簡単な返信をしてしまうことができる。また、添付ファイルの確認も容易だ。今までなら、営業活動を終えてからオフィスに戻り、PCを立ち上げてからしか出来なかったことが、街角で済ませてしまうことができるのだ。

しかし、だから便利だ、と安易に答えを出すのではなく、スマートフォンを持たせる社員の一日を検討し、どの時間帯、どのシーンで利用するのか、活用できるのか、そしてどのように活用してほしいのか、を検討し、さらに活用するために必要な要件を洗い出す作業が必要だ。この作業を端折ってはいけない、ということは強く言いたいところだ。

*

今回は、企業のスマートフォン導入の大前提として、「本当にスマートフォンが必要なのか」という問いをあらためて考えることによって、導入プロセスの第1フェーズとした。

次回は、実際の導入の際の、管理部署、導入の障害などについて触れていく。

 



著者プロフィール

  • 大木豊成(オオキトヨシゲ)

    イシン株式会社 代表取締役 シンガポール大学(現NUS)卒業 米国PMI認定Project Management Professional取得 ソフトバンク株式会社で、Yahoo!BB事業立ち上げ、コンタクトセンター立ち上げ、おとくラインサービス立ち上げなど、事業・会社とサービスの立ち上げを担当。現在は「人と会社を元気にする」をモットーに、企業の人材育成と業務再構築のコンサルティングを行っている。また、企業向けスマートフォン導入コンサルティングも行っている。 翔泳社より『iPad on Business あなたのワークスタイルを変える実践活用ガイド』好評発売中

バックナンバー

連載:企業で使う!スマートフォン導入への道

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5