Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

困ったときのMicrosoft Office Tips - Excel (4) Excelで効率的にデータ入力を行うには?

  2008/05/12 20:05

 この連載では、さまざまなシーンにおいてMicrosoft Officeツールを使いこなすためのTipsを紹介します。今回は、[Enter]を押下した後のセル移動の設定やデータの入力規則などを利用して、Excelでデータ入力をスムーズに行うための秘訣を紹介します。

はじめに

 Excelでデータ入力後に[Enter]キーを押したら右のセルに移動したり、入力できる範囲を限定したり、セルに応じて自動的に日本語入力モードのオン/オフを切り替えられたりすると、スムーズにデータの入力が行えますよね。

 そこで今回は、ワークシートのセル移動の設定の変更やシートの保護、および、データの入力規則を利用して、Excelでデータ入力をスムーズに行うための秘訣を紹介します。

Enterキーを押した後にカーソルを右に移動するには

 表では通常、左から右、上から下に向かってデータを入力します。Excelの初期設定では、[Enter]キーを押すとカーソルは下へ、[Tab]キーを押すと右へ移動しますが、[Enter]キー押下でカーソルが右に移動するように設定することもできます。

Excel 2003の場合

  1. [ツール]-[オプション]を選択します。
  2. [オプション]ダイアログボックスの[編集]タブを開きます。
  3. [入力後にセルを移動する]の[方向]を「右」に変更して、[OK]ボタンをクリックします。
    オプション(Excel 2003)

Excel 2007の場合

  1. [Officeボタン]-[Excelのオプション]を選択します。
  2. [Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]を開きます。
  3. [Enterキーを押した後にセルを移動する]の設定を「右」に変更して、[OK]ボタンをクリックします。
    Excelのオプション(Excel 2007)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(...

バックナンバー

連載:業務効率を上げる Microsoft Officeテクニック集

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5