Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

存在感を増すオープンソース高可用性(HA)クラスタ/LINBITと総代理店契約を締結したサードウェアにLinux-HAの現状を聞く

  2011/11/14 00:00

Linux-HAを利用した新しいソリューション

 サードウェアではさらに、前述の図表2のような従来型のクラスタ構成だけでなく、昨今のサービス事情に合わせた新たな付加価値ソリューションも積極的に提案している。

 ひとつには、今年の4月に発表した高速同期による冗長化のソリューションがある。ioDrive(Fusion-ioのSSD製品)で構築した高速ディスクIOシステムに、DRBDとinfiniband(高速I/Oバス)を組み合わせてクラスタ化し、可用性を提供するものだ。

 ioDriveはパフォーマンスが高く、複雑なマスター・スレーブ構成のデータベースならば十分の1の規模にまで集約できる。ioDriveやinfinibandは従来の製品より高価だが、サーバー台数が削減できればメンテナンスやライセンス、さらに電力などさまざまな面でコストダウンにもなる。

 さらにそのスピードのままDRBDとinfinibandによってデータを冗長化し、高速な高可用性データベースシステムを構築できるという。これはオンラインゲームやソーシャルゲーム、ストリーミングといった新しいWebサービスにも注目されており、実際に実装された事例もある。

 DRBD+ioDrive+Infinibandによる高速同期による冗長化 (2011年04月26日)

 もうひとつには、クラウドや仮想化基盤に対する付加価値ソリューションとして「仮想化クラスタ」がある。2台のサーバをDRBDを組み合わせてストレージサーバー化し、この上でXenやLVMといったハイパーバイザを動作させる。仮想マシンの動的なマイグレーションや、ストレージのサーバーを移動することもできる。

 DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ

 なお、クラウドに関しては、パブリッククラウドとプライベートのデータを同期させたいニーズにも、DRBD proxyで対応できる。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5