Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

~ VMwareの仮想化バックアップの悩みを解決 サーバ仮想化環境 バックアップ入門

  2011/11/21 11:00

サーバ仮想化環境のバックアップは意外に煩雑で、管理者の負担になることが多い。普通のバックアップソフトでもバックアップは可能だが、データの管理が大変になる。そこでこの記事では、VMwareの仮想化環境を、仮想サーバ単位でまるごとバックアップし、簡易に、かつ、柔軟なリストア運用を実現させるソリューションを紹介する。

バックアップ運用が煩雑になりがちなサーバ仮想化環境

 サーバ仮想化技術の本格的な普及が進む昨今、多くの企業で新たな課題として持ち上がっているのが仮想化環境の運用管理だ。中でも特に、バックアップの運用に苦慮する企業が多いという。仮想化のメリットは、従来の物理サーバ環境よりはるかに手軽にサーバ環境を「仮想サーバ」として構築できる点にある。あるいは、仮想サーバを異なる物理サーバ上に移動できるなど、運用の柔軟性が大幅にアップするのも大きなメリットだ。

 しかしその半面、従来のようにサーバ環境1つ1つにバックアップエージェントを導入するバックアップ方式では、先に挙げた仮想化の機動性や柔軟性が逆にあだとなることもある。仮想サーバを新規構築するたびにエージェントソフトウェアを導入したり、あるいは仮想サーバを別の物理サーバ上に移動させるたびにバックアップ運用を見直していては、手間が掛かるばかりで仮想化の導入メリットも半減してしまう。

 こうした課題を解決するのが、仮想化環境のバックアップに特化した機能を備えるバックアップソフトウェアだ。特に、これまでWindows環境のバックアップ製品としてデファクトスタンダードといってもいいほどの高い実績を積み上げてきた、シマンテックの「Symantec Backup Exec」(以下、Backup Exec)は、VMwareの仮想化環境に特化した先進的な機能を数多くそろえ、効率的な運用を実現する。

VMwareエージェントを使うことのメリット
VMwareエージェントを使うことのメリット

仮想化環境のバックアップは物理環境よりむしろシンプル

 これはあまり知られていないことだが、仮想化環境のバックアップはうまく行えば決して煩雑ではない。それどころか、サーバ仮想化技術の特徴をうまく生かせば、むしろ物理サーバ環境より高度かつ効率的なバックアップ運用も可能になるのだ。

 サーバ仮想化技術は、文字通りサーバを仮想化する技術だが、その実態はといえば、「サーバ環境をファイル内にカプセル化する」ということにほかならない。この、ファイル内にカプセル化されたサーバ環境」を仮想化ハイパーバイザーの上に複数載せたり、あるいはほかの物理サーバに移動させたりすることで、サーバ仮想化の高い機動性・柔軟性が実現されているわけだ。

 勘のいい読者ならもうお気付きかもしれないが、この「ファイル内にカプセル化されたサーバ環境」を丸ごとバックアップしてしまえば、それはすなわちOS、アプリケーション、データのすべてを含めたサーバ環境全体を丸ごとバックアップすることになる。

これは従来のような、アプリケーションごとのデータバックアップをサーバ環境上で個別に行っていた方式に比べれば、はるかにシンプルな運用である。

 「しかし、サーバ環境を丸ごとバックアップしていては、時間もかかるしバックアップデータ量も膨れ上がってしまうのでは?」

 このような疑問を持つ方もいるかもしれない。Backup Execでは、ストレージから直接データを取得する構成をとり、バックアップ処理の負荷をバックアップ専用サーバで一括して負う方式をとることも可能だ。仮想サーバ上でバックアップ用のエージェントソフトウェアを導入することは必須ではない(※1)。そのため、本番環境のパフォーマンスにほとんど影響を与えることなくバックアップを実行することが可能だ。また、ブロック単位の差分バックアップや増分バックアップ方式も可能なため、バックアップサーバへのデータ転送量も最小限に抑えられる。

 ※1 後述の「Application GRT」を行うためには仮想サーバへのエージェント導入が必須となる。

 Backup Execでは、こうしたさまざまな工夫を凝らすことにより、ただでさえパフォーマンスが不安視されがちなサーバ仮想化環境に、極力余計な負荷を与えることなくバックアップを遂行できるようになっている。

 さらに、Backup Execの最新バージョンでは、シマンテック独自の仮想サーバ内部を見通す技術「V-Ray」を搭載することにより、仮想環境のバックアップデータ量を大幅に削減することに成功している。仮想サーバ単位でのバックアップを行う場合、物理環境に比べると重複排除の効率が悪くなることもあり、大幅にバックアップデータ量を減らすのは難しいケースもあった。しかしV-Rayを活用することで仮想サーバ内部のファイルを認識した上で重複排除を行うことが可能となり、従来と比べて半分近くにまでバックアップデータ量が減るケースももあるという(シマンテック社の社内検証による)。

システムを丸ごとバックアップ
システムを丸ごとバックアップ

多様なレベルのリストアに柔軟に対応

 バックアップデータのリストアに際しても、うまくやれば物理サーバ環境よりむしろシンプルな運用が可能だ。つまり、バックアップした仮想サーバの単位でそのままリストアするだけで、サーバ環境を丸ごと簡単に復旧できるのである。

 ただし実際の運用現場では、サーバ環境丸ごとではなく、個々のファイルの単位でリストアしたいという場面も多く出てくる。Backup Execではこうしたニーズに応えられるよう、仮想サーバのバックアップの中からファイルを指定して個別にリストアすることも可能になっている。

 さらに、「Application GRT」というBackup Exec独自の機能を使うと、アプリケーション単位でより細かいレベルのデータリカバリが可能になる。具体的にはMicrosoft Exchange Server、Microsoft SQL Server、およびActive Directoryのデータを個別に指定してリストアできる。例えば、Exchange Serverの特定のメールボックス、SQL Serverの特定のデータベースを個別に指定してリストアできるのである。

 通常、こうした柔軟なリストアを可能にするためには、あらかじめリストアしたいデータに応じてバックアップの方法を変えなくてはいけなかった。しかし、Backup Execを使ったVMware環境のバックアップでは、仮想サーバ環境をシンプルに丸ごとバックアップするだけで済む。その上で、リストアの際には仮想サーバを丸ごと復旧することもできれば、ファイル単位、アプリケーション単位で復旧することもできるのだ。

 「シンプルにとって、柔軟に戻す」

 そんなバックアップ運用を可能にするのが、VMwareの仮想化環境とBackup Execの組み合わせなのである。

仮想化環境特有のバックアップ運用を効率化する管理ツール

 仮想化環境のバックアップを難しくする原因の1つに、仮想サーバを異なる物理サーバ上に移動できる点がある。VMware社のvSphere vMotionテクノロジーは、仮想サーバを異なる物理サーバへ移行させることが可能で非常に柔軟な仮想環境の運用を実現する機能だ。そのため、仮想サーバが常に決まった物理サーバ上にあるとは限らないため、物理サーバとバックアップデバイスの静的な関係を前提としたバックアップ運用ではうまく対応できない。

 Backup Execの管理画面では、現在どの物理サーバ上でどの仮想サーバが稼働しているのか、一目で把握できるようになっている。さらに、仮想サーバがvSphere vMotionテクノロジーにより異なる物理サーバへ移動した場合でもバックアップの設定を修正することなくバックアップを実行することが可能であり、システム管理者の負担の軽減に役立つ。

バックアップの管理が簡単(Backup Execの管理画面)
バックアップの管理が簡単(Backup Execの管理画面)

 こうしてスケジューリングしたバックアップが正常に終了したかどうかも、この管理ツールの画面から確認することができるが、これをもっと簡単に行う方法も用意されている。「Backup Exec Management Plug-in for VMware」というBackup ExecのプラグインモジュールをVMware環境に導入すれば、VMwareの管理ツールである「vSphere Client」の画面上から簡単にバックアップの成否や、バックアップデータの整合性をチェックできるようになるのだ。VMware環境の管理担当者にとっては、バックアップにまつわる日々のルーチンワークを、VMwareの管理コンソール上から簡単に行えるようになるわけだ。

 ちなみに、Backup Execはそのライセンス体系も極めてシンプルに構成されている。ここまで紹介してきたような、VMwareの仮想化環境に特化したバックアップ機能を利用するためには、基本ライセンスに加えて「VMware Virtual Infrastructureエージェント」というオプションライセンスを追加すればいい。このオプションライセンスは、仮想サーバをホストする物理サーバ1台ごとに購入すればいい。つまり、そのサーバ上で幾つ仮想サーバを動かそうと、ライセンス料は変わらないのである(※2)。

 ※2 Application GRTを行う場合、対象の仮想サーバにアプリケーション用のエージェントの購入が必要

 さらに現在シマンテックでは、基本ライセンス1つと、サーバ1台分のVMware Virtual Infrastructureエージェントライセンスをセットにしたスイートパックを、通常価格47万800円のところを約20%安い36万1200円で提供している。前述したように、この価格は仮想サーバの数によって変動することはないため、仮想化環境の将来的な拡張を視野に入れた場合には、極めてお得感の高い価格体系だといえるだろう。

 なお本稿では紙幅の関係上、Backup Execが持つ特徴のほんの触りしか紹介できなかったが、さらに詳しく同製品について知りたい方に向けたホワイトペーパーも用意されている。興味のある方は、ぜひそちらも参照されたい。

著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5