Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウドの本質をひたすら追求していく―さくらインターネット社長 田中邦裕氏インタビュー

  2012/03/30 07:00

クラウドの本質的な部分をひたすら追求していく

 さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中邦裕氏

─ ここ1、2年の間で、海外だけでなく国内でもIaaSのサービスを提供するベンダーが増えてきました。そんな中にあって、さくらのクラウドはどのような特徴や強みを打ち出されているのでしょうか。

 「柔軟性」と「拡張性」が強みだと考えています。まず柔軟性ですが、弊社はIaaSだけではなく、専用サーバーやハウジングのサービスも幅広く提供しています。従って、とにかく早くサーバー環境を調達したい場合にはIaaS、ある程度用途が見えている場合には専用サーバー、そして自社で保有しているハードウェアを利用したい場合にはハウジングといった具合に、ユーザーのあらゆるニーズに柔軟に応えることができます。

 また拡張性の面では、ユーザーがサーバー環境を欲しいと思ったときに、それを確実かつ迅速に提供できることが重要です。クラウドは、データセンターの箱から電源、サーバー、ソフトウェアに至るまで、実に多くのパーツで構成されますが、立ち上がったばかりのクラウドサービスの中には、これらを調達できずにサーバー環境の提供がストップしてしまうことも多々あります。その点、弊社はインフラからハードウェア、ソフトウェアまですべてを自前で調達していますから、そうしたことはありません。

─ サービスメニューのラインアップや価格の面でも、各ベンダーとも個性を打ち出しつつあります。さくらのクラウドに対しては、特に価格面で期待を寄せるユーザーが多いのではないでしょうか。

 他社の中には、さくらのクラウドよりもっと安い価格でサービスを提供しているところもあります。しかし本当に重要なのは、その価格メリットが将来に渡ってコンスタントに維持されること。そして同時に、サービスの品質がきちんと担保されることです。

 また、付加的なサービスや機能を充実させていく方法もありますが、マーケティング先行でユーザーニーズをそのまま機能に反映させても、その機能が本当にユーザーにとって役に立つとは限りません。例えば、IaaSを使いたいというユーザーの話をよくよく聞いてみると、専用サーバーの方が適していたというようなことは往々にしてあります。従って弊社は、クラウドにとっての本質的な部分、つまり「落ちない」「速い」「安い」「すぐ使える」「すぐ拡張できる」といった所をひたすら追求していきたいと考えています。


著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

  • 渡黒 亮(編集部)(ワタグロ リョウ)

    翔泳社 EnterpriseZine(Security Online/DB Online/Operation Online) 編集長 大学院を卒業後(社会学修士、中学・高校教諭専修免許状取得)、デジタルマーケティング企業にてデータアナリストとしてCRM分析・コンサルティング業務に従事。2007年4月翔泳社入社。ITおよびビジネス書籍の編集、イベント・セミナーの企画・運営、雑誌「IT Initiative」の副編集長などを経て、2012年からWebメディア「EnterpriseZine(エンタープライズジン)」に参画、2014年より編集長に就任、現在に至る。

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5