Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エンタープライズでのモバイル活用に必要な機能を提供するWorklight

  2012/06/13 00:00

 日本IBMは2012年5月17日、企業のモバイル活用を支援する統合パッケージ「IBM Mobile Foundation V5.0」の販売を開始した。提供されるサービスは、デバイスを管理するMDMに加え、クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発、モバイルとバックエンドの連携、セキュリティまでが網羅されている。その概要と技術的なポイントなどについて、日本IBMの三戸篤氏、須江信洋氏とに話を伺った。

エンタープライズでのモバイル活用を包括的にサポート

日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 WebSphere事業部事業部長
三戸篤氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 WebSphere事業部事業部長 三戸篤氏

 日本IBMは、企業のモバイル活用を支援する統合パッケージ「IBM Mobile Foundation V5.0」の販売を開始した。製品で中核になっているのは今回新たに開発された「IBM Worklight V5.0」で、「IBM WebSphere Cast Iron」、「IBM Endpoint Manager」を加えた3つのソフトウェアで構成されている。そのコンセプトについてWebSphere事業部の事業部長である三戸篤氏は「エンタープライズのお客様が、ビジネスユースでモバイルを導入し、活用する際に必要と思われる機能を網羅し、統合している」と説明する。今回、その中で主にクロスプラットフォームのモバイルアプリ開発を担っている「IBM Worklight V5.0」単体での導入も可能とされている。

 IBM Mobile Foundationには大きく「オープン技術の採用」、「クラウドや基幹システムとの連携」、「アプリとデバイスのセキュリティ管理」という3つの特徴がある。

Web のオープン技術で、クロスプラットフォームのモバイルアプリを開発

企業向けモバイルプラットフォーム IBM Mobiille Foundatiion V5..0 & IIBM Worklliight V5..0
企業向けモバイルプラットフォーム IBM Mobiille Foundatiion V5..0 & IIBM Worklliight V5..0

 まず「オープン技術の採用」は、モバイルアプリの開発を効率化するものになる。モバイルは機種ごとにOS、画面対応、解像度、機能が異なり、開発言語もOSによって違う。それぞれに合わせてアプリを開発するのは負担が大きい。そこで「IBM Worklight」は、Web標準技術を活用したクロスプラットフォームのモバイルアプリの開発を可能にしている。

 Worklightで開発を担当する「Worklight Studio」はEclipseベースのツールであり、Web標準のHTML5、JavaScript、CSSで開発を行う。またjQueryやdojoなど、主要なライブラリーやツールと統合し、使うことができる。対応しているデバイスは、iPhone、iPad、Android、BlackBerry、Windows Phoneなどで、フィーチャーフォンを除く主要なプラットフォームが網羅されている。

 Worklightにおけるモバイルアプリ開発では、まず普通のWebアプリをWebブラウザで画面と動作を確認しながら作成する。Worklightには、そこで完成したWebアプリのプロジェクトから、モバイルの各プラットフォーム向けプロジェクトを自動生成するためのプラグインが用意されている。基本的に一つのコードを、それぞれのプラットフォーム向けにビルドすることで、デバイスからはネイティブに見えるアプリケーションが作成される。

日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 WebSphere第一CTP
クライアント・テクニカル・プロフェッショナル
須江信洋氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 WebSphere第一CTP クライアント・テクニカル・プロフェッショナル 須江信洋氏

 そこではiPhone、iPadの開発言語であるObjective-Cや、Android用のJavaなどの知識は一切不要だ。ソフトウェア事業WebSphere第一CTPの須江信洋氏は「Webアプリ開発のスキルがある人なら、Worklightの開発環境は基礎知識を学ぶだけで、すぐに使いこなすことができるようになる」と語る。

 デバイスごとに画面を調整したい場合は、それぞれに合わせたCSSファイルを作成することなどで対応できる。さらに各OS、デバイス固有の機能を組み込む際は、その部分はネイティブで作成し、Web技術による部分とシームレスに連携したハイブリッドアプリを作ることも可能だ。ネイティブの部分ではそれぞれの専門知識が必要になるが、それをプラグインの形で作れば、再利用などで開発が効率化する。共通する部分はできる限りWebで作成することで、Webとネイティブの良いところを組み合わせて作ることができる。

本製品が紹介されるイベントのご案内 : Impact 2012 開催概要

 日  時 : 2012年7月19日(木曜日)10:00−18:00

 会  場 : 品川プリンスホテル

      東京都港区高輪4-10-30

 参 加 費 : 無料(事前登録制)

 主  催 : 日本アイ・ビー・エム株式会社

 詳細・参加申し込み


著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5