Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

もし2020年にビッグデータ活用レストラン“ホットスタンバイ”が登場したら?ビッグデータ活用の可能性と課題

  2012/09/18 07:00

事業への情報・通信技術の活用が新しい段階に進展しつつある。これまでの「電子化・自動化」から「データからの知見の導出」という段階への進展だ。これを象徴的に示すのが「ビッグデータ」という言葉への注目だろう。ビッグデータは「活用すれば大儲け」ではなく「活用せねば廃業の危機」となる危惧すらある。直近事例を通して、ビッグデータ活用の可能性と課題を改めて確認する。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 鈴木 良介(スズキ リョウスケ)

    株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 主任コンサルタント 2004年、株式会社野村総合研究所入社。以来、情報・通信業界に係る市場調査、コンサルティング、政策立案支援に従事。近年では、クラウドおよびビッグデータの効率的かつ安全な活用を検討している。近著に『 ビッグデータビジ...

バックナンバー

連載:ビッグデータ分析ビジネス―その可能性と課題
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5