EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ビジネスクリティカルな業務システムはこうやって仮想化せよ!事例と最新技術で紐解く仮想化対応

  2013/03/29 11:30

仮想化におけるサポートやライセンスはこう考えよう

 仮想化技術に関してはヴイエムウェア株式会社 システムズエンジニアリング本部 本部長 巨勢 泰宏氏が登壇した。これまでも述べられているように、仮想化環境は今後サーバー台数やワークロード的に見て多数を占めていくことが予想されており、「今が転換期」だと巨勢氏は述べる。VMware 認定技術者プログラム (VCP)は2013年1月現在、世界で12万5000人、日本では8500人を超えたという。

ヴイエムウェア株式会社 システムズエンジニアリング本部
本部長 巨勢 泰宏氏
 ヴイエムウェア株式会社 システムズエンジニアリング本部 本部長 巨勢 泰宏氏

 VMwareソリューションを導入するうえで、多くが戸惑うのがサポートやライセンス。例えばオラクル社の「MyOracleSupport Note 249212.1」によると、オラクルはVMwareをサポートすると明言している。

 加えて巨勢氏は「事実、過去3年間、vSphereのバグが原因でOracleで問題が発生したことはありません」と述べた。マイクロソフト製品(Exchange、SharePoint、SQL Server)だと、MS Server Virtualization Validation Program、MS Premiere Contract、その他サーバーOEMベンダー経由と3形態でサポートが受けられる。

 ライセンスに関しては「仮想化するとかえって高くなる」と懸念する声もあるが、これも課金のルールをよく理解すればそう高くなることはないという。例えばオラクルだと物理サーバーの全プロセッサがライセンスカウントの対象となるため、1ホスト分のライセンスを買えばそのホスト上でOracleを稼働させた仮想マシンは「乗せ放題」だという(参考:オラクルの仮想化環境のライセンスについて)。

 繰り返しになるが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを仮想化するメリットには柔軟性の向上(必要に応じてスケールする)、高可用性の適用が容易、災害対策などが挙げられる。具体的には仮想化プラットフォームとなるvSphere、実行中の仮想マシン全体を移行するvMotion、災害対策のためのSite Recovery Manager(SRM)がある。SRMは事前定義したリカバリ・プランを自動実行するため、最小限の手順で実行される。

 巨勢氏も将来のデータセンターやビジネスクリティカルアプリケーションの姿として「Software-Defined Data Center」を挙げ、「ビジネスに柔軟性と俊敏性を強化することができる」と結んだ。

スライド:「Software-Defined Data Center」構想


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5