EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、「HP CloudAgileプログラム」国内展開――NTT ComやIIJらクラウド事業者6社とクラウド推進で協業

  2013/09/05 18:10

「オープン陣営を築き、特定ベンダーのロックインに対抗する」

日本HP 執行役員 
エンタープライズグループ営業統括  
クラウド営業統括本部長 松浪 幹生氏

 HP CloudAgileプログラムは、このコンセプトや製品群に沿って提供される。執行役員 エンタープライズグループ営業統括 クラウド営業統括本部長の松浪幹生氏は、HP CloudAgileブログラムには大きく3つの取り組みがあるとし、それぞれの内容を以下のように紹介した。

 1つめは、マーケティングや営業活動での包括的な協調だ。エンドユーザーのニーズに合ったHP製品の営業活動を共同で行う。サービスプロバイダーによるHP製品の販売実績は、後方支援するHPの営業部隊の実績としても評価する仕組みだ。また、サービスプロバイダーがマーケティングを実施する際の資金(ファンド)も拠出する。

 2つめは、クラウド基盤やホスティング環境などの技術支援だ。具体的には、プライベートクラウド基盤構築に向けてCloudSystemを無償で貸し出す「HP CloudSystem導入支援プログラム」や、リソースバースティング機能(ピーク時にリソースを各クラウド間で移し替える機能)のAPIを提供する「HP CloudAgile Bursting導入支援プログラム」、Cloud OS(OpenStack)の管理環境を提供する「HP最新テクノロジーのご提供」がある。

 3つめは、サービス開発に向けたデモ環境やトレーニング環境の提供だ。プロバイダーが新規にクラウド環境を立ち上げる際に、時間、コストを節約できるように、技術トレーニングを実施したり、デモ環境を貸し出したりする。日本HPの大島オフィスや、海外のHPの拠点で同じ品質の技術トレーニング、検証環境の貸出が可能という。また、ファイナンス、資金面でも「HPファイナンスサービス」を通じて、ビジネスプランに合わせた支払いモデルの提案などを行う。

HP CloudAgileプログラムの説明図

 「オープンなクラウドを志向するプロバイダーと協調してオープンクラウド陣営を築いていく。エンドユーザーにとっては、HPの支援を通じて、パートナーのサービスについての情報を得る機会が増し、よりオープンで高品質なサービスを検討できるようになる。パートナーとのエコシステムを通じて、クラウド市場における特定ベンダーのロックインに対抗してきたい」(松浪氏)


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:EnterpriseZine Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5