EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SoftLayer買収で急加速するIBMのクラウド・シフトとオープン化--「IBM Pulse 2014」開幕

  2014/02/25 17:00

 カジノの街で知られる米ラスベガスで、「IBM Pulse 2014」が開幕した。PulseでIBMが提示したのは、ビジネス成長のエンジンとしてクラウドが企業に貢献していくための具体的な方策だ。

クラウドで自動車産業は激変か?2025年までには完全自動化運転も

 IBMの年次カンファレンス「Pulse2014 The Premier Cloud Conference」が2月23日から26日まで、米ネバダ州ラスベガスで開催されている。Pulseは今回で第7回目を数え、当日の発表によると世界各国から約11000名の参加者がラスベガスのMGM Grand Hotelの会場に詰めかけている。

ゼネラルセッションの会場--米ラスベガスのMGM Grand Hotel
▲ゼネラルセッションの会場--米ラスベガス MGM Grand Hotel

 これまでのPulseは、システム管理用のソフトウェア製品群であるTivoliを中心とするサービスマネジメントを主題としたカンファレンスだったが、今回はクラウドを前面に押し出しているのが特徴だ。去年7月に独自のIaaS技術を持つ米クラウドベンダーSoftLayerを買収したことも大きいだろう。

 初日のゼネラルセッションの会場では、ビジネス成長のための“エンジン”としてクラウドが顧客に対してどのような価値を提供していくのかについて、クラウド活用の先進企業とIBMのエグゼクティブがそれぞれ解説した。

 「クラウドは自動車産業に大きな影響を与えている。600億ドルがコネクテッド・カー(ネット接続型自動車)と呼ばれるクラウドを使った技術やサービスに使われている。旧式の車は途中でアップデートすることができない。しかし、クラウド技術のおかげで現在はインターネットに接続され、どんどん進化している。車というのはもはや独立したものではない、常にクラウドにつながっている状態だ」

 冒頭でこう語るのは、国際的な自動車部品メーカーContinental AG(コンチネンタル)のヴァイスプレジデント Brian Droessler氏だ。現在、Continental社はIBMと共同で、より安全な車、より乗り心地のよい車を目指して自動車開発に取り組んでいるという。

Continentalのヴァイスプレジデント Brian Droessler氏
▲コンチネンタルのヴァイスプレジデント Brian Droessler氏

 「現在、テスト車両の自動運転を行っている。コンチネンタルでは2025年までに完全に自動運転ができる自動車を投入したいと考えている。このカギになるのはクラウドだ。もしクラウドがなければ、まったく実現できないだろう」(Droessler氏)

 また、Droessler氏はクラウドにより自動車業界に大きな変革が起きていることを次のように説明した。

 「リリースもリアルタイムに通信でき、遅延も短縮する。クラウドと利用者の間でのやり取りや、自動車同士のコミュニケーションや通信により、より安全性の高い車を開発できる。最終的には車の運転という概念を根本的に変える。また、クラウドによって開発環境も一変する。開発者はクラウド上でアプリケーションを容易に構築が可能となり、かつ自動車に対して配信できる。自動車は今後APIの形態になっていくだろう」(同氏)

Continentalのヴァイスプレジデント Brian Droessler氏

 また、Droessler氏はクラウドが自動車に対してのアプリストアになるとも指摘する。こうしたクラウドがもたらす変化が、自動車の開発や運用の方法、さらには消費者の車に対する考えや行動を激変させるという。

 「自動車はますますインターネットにつながりアップデートがしやすくなっていく。クラウドによってわれわれの仕事のやり方が根本的に変わってくる。自動車の新時代、より効率がよい安全性の高い車を目指していく」(同氏)


著者プロフィール

  • 渡黒 亮(編集部)(ワタグロ リョウ)

    翔泳社 EnterpriseZine(Security Online/DB Online/Operation Online) 編集長 大学院を卒業後(社会学修士、中学・高校教諭専修免許状取得)、デジタルマーケティング企業にてデータアナリストとしてCRM分析・コンサルティング業務に従事。2007年4月翔泳社入社。ITおよびビジネス書籍の編集、イベント・セミナーの企画・運営、雑誌「IT Initiative」の副編集長などを経て、2012年からWebメディア「EnterpriseZine(エンタープライズジン)」に参画、2014年より編集長に就任、現在に至る。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5