EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「多くの人がデータを活用できるようにする」 ―人工知能「Watson」を活用した分析サービスが登場!

  2014/12/19 13:00

Watson Analyticsで、多くの人がデータを活用できるようにする

 続いて登壇した、ソフトウェア事業本部 ビジネス・アナリティクス事業部 事業部長の西孝治氏は、Watson Analyticsの特徴として、自然言語と視覚化による分析&対話的インタフェース、自動実行される高度な予測分析、クラウド環境による迅速な対応を実現の3つを挙げた。

日本IBM ソフトウェア事業本部 ビジネス・アナリティクス事業部 事業部長の西孝治氏

日本IBM ソフトウェア事業本部 
ビジネス・アナリティクス事業部
事業部長 西 孝治氏

 「これまでは簡単な分析でも業務部門のアナリストやIT部門、データサイエンティストなど、さまざまな部門の人の関与が必要でした。しかし、ビジネスの現場ではひとすじ縄ではいかないことが多い。Watson Analyticsはそれら多くの人がデータを活用できるようにするもの」(西氏)

 具体的な適用業務としては、マーケティング分野でのキャンペーン分析やROIの計測、営業分野での顧客維持、財務分析、ITのヘルプデスク業務分析、オペレーションでの課題発見、人材発掘などを挙げた。また、デモでは、教育レベルと給与の相関を質問して結果を視覚的に表現したり、顧客生涯価値(Custmer Lifetime Value)を決定木などのさまざまな指標を使って読み解いたりする様子を披露した。機能としては、視覚化する「Explore」、予測を行う「Predict」、ダッシュボードを表示する「Author」という3つを提供する。

日本IBM ソフトウェア事業本部 ビジネス・アナリティクス事業部 事業部長の西孝治氏

日本IBM ソフトウェア事業本部
インフォメーション・マネジメント事業部
BigData&DM製品営業部 統括部長 森 英人氏

 また、クラウドとオンプレミスの基盤について、IBMがどのようなアプローチを採用していくかについても説明があった。ソフトウェア事業本部 インフォメーション・マネジメント事業部 BigData&DM製品営業部 統括部長の森 英人氏によると、クラウドとオンプレミスは、鏡像のように対応するかたちになる。最下部にはDB2 pureScale、Cloudantの各データベース製品があり、そのうえで、「IBM Big Data Platform」が稼働する。DWHのNetezzaの技術、BigInsights、DB2 BLUなどはクラウドとオンプレミスに共通する。クラウドについては、Twitterとの提携、DataWorks、dashDBなどが新たに加わった。今後は、両環境の高い連動性を生かしたハイブリッドソリューションを展開していくという。

出所:日本IBM

 なお、今回発表されたWatson Analyticsの対応言語は、英語のみ。基本機能は無料で利用でき、パーソナル版は月額4158円から利用できる。無償版では、500MBのストレージスペース、データは50変数/10万レコードまで、読み込み形式はxlsとcsvファイルのみ、エクスポートはPDF形式のみとなる。パーソナル版は、2GBのストレージ、データは256変数/100万レコードまで、SPSSデータファイルのサポート、PPT形式でのエクスポート、SPSS Modelerや SPSS Statisticsへのエクスポートなどとなる。

【関連記事】
メールの後ろにもWatsonあり
IBMのクラウド戦略の要にWatsonアリ
dashDB,Watson--IBMがInsight2014で見せた新技術
IBMのソフトウェア戦略の鍵はWatson、クラウド戦略の鍵はハイブリッドでオープン



著者プロフィール

  • 齋藤公二(サイトウコウジ)

    インサイト合同会社 「月刊Computerwold」「CIO Magazine」(IDGジャパン)の記者、編集者などを経て、2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆、編集のほか、OSSを利用した企業Webサイト、サービスサイトの制作を担当する。

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5