Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セキュリティの現場を熟知した専門家が語り合う、サイバー攻撃対策の現実解

2015/01/27 17:05

 近年、サイバー攻撃の複雑化に伴い、企業はその対応に苦慮している。境界での多層防御は攻撃者により次々と回避され、サイバー攻撃対策は再考を迫られているのが現状だ。企業はどのような方針で対策システムを導入し、どういった運用をすれば良いのか、有効性の高い対策はあるのか――12月3日に開催されたSecurity Online Day 2014では「サイバー攻撃の本質と企業の現実解」と題してパネルディスカッションが行われた。セキュリティの現場を熟知した専門家が集い、セキュリティ対策の実情に迫る。

▲パネル 参加者(写真、左から)
  • 守屋 英一氏(日本IBM 情報セキュリティ推進 シニア・セキュリティ・アナリスト)
  • 本城 信輔氏(ファイア・アイ FireEye Labs シニア・スタッフ・リサーチ・アナリスト)
  • 新井 悠氏(トレンドマイクロ サイバー攻撃レスポンスチーム一課 上級スレットディフェンスエキスパート)
  • 岩井 博樹氏(デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主任研究員)

 パネルディスカッションに先立ち、モデレーターの岩井氏が2014年を振り返り、セキュリティに関する注目すべきトピックを5つ挙げた。  

 1つめはOpenSSLのHeartBleedやGNU bashのShellshockなど影響度の大きな脆弱性が報告されたこと。2つめはソフトウェアアップデートのサーバーがハイジャックされるなどインフラ環境を狙う攻撃があったこと。

 3つめは金融サイバー犯罪が日本語力を強化するなど、日本への攻撃が顕在化してきたこと。4つめはゼロデイを悪用した国産ソフトウェアを狙う標的型攻撃があったこと。そして5つめはダークウェブ(検索エンジンで表示されないようなアンダーグラウンドのWebサイト)の拡大とそこを温床にしたサイバー犯罪が増加していること。  

 脆弱性や脅威は常に移り変わる。ソフトウェアアップデート、邦銀のオンラインバンキング、国産ソフトウェアなど、これまで比較的安全と思われていたものが狙われてきている。新しい攻撃対象、水面下で普及しつつある脅威には警戒しておくべきだろう。以下、パネルディスカッションでのやりとりの一部を紹介する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

  • Security Online編集部(セキュリティ オンライン ヘンシュウブ)

    Security Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業セキュリティ専門メディア「Security Online」編集部です。デジタル時代を支える企業の情報セキュリティとプライバシー分野の最新動向を取材しています。皆様からのセキュリティ情報をお待ちしておりま...

バックナンバー

連載:Security Online Day レポート

関連記事

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5