EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IoTでこれから何が起きるのか?「モノ」を「インターネット」につなぐ意味(前編)

  2015/03/03 06:00

 「Internet of Things (モノのインターネット)」、「Internet of Everything((ヒト・モノ)すべてのインターネット)」・・・そんな言葉が世の中で飛び交い始めた。単純にモノ(デバイス)のネットワーク化という意味での動きは今に始まったことではない。M2M (Machine to Machine) という言葉でずいぶん前から多くの製品メーカーが取り組んできたものだ。M2Mという堅い言葉よりも語感はいいし、インターネットを知らない人はほとんどいない。しかも、それが、あらゆる「モノ」と繋がるというのは、なかなか夢が広がるから万人受けする。まさにバズワードとしては最適な言葉だ。しかし、ここにもいくつかの本質的な考え方が潜んでいる。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 二木 真明(フタギ マサアキ)

    アルテア・セキュリティ・コンサルティング/日本クラウドセキュリティアライアンス 代表理事/NPO日本ネットワークセキュリティ協会 幹事   制御系マイコンプログラマー、UNIX系システム・デバイスプログラマーなどを経て、大手商社系SIerに転職。米国シリコンバレー発のセキュリティ製品の市場開拓、技術評価、ローカライズなどに携わる傍ら、自社のセキュリティ対策の企画、立案、運用にも関与しました。2012年に独立後、情報セキュリティコンサルタントとしてユーザサイドのセキュリティ対策支援などを行っています。 一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス 代表理事 NPO日本ネットワークセキュリティ協会 幹事 埼玉県警察サイバー犯罪対策技術顧問 CISSP(ISC2公認情報システムセキュリティプロフェッショナル) CISA(ISACA公認情報システム監査人)

バックナンバー

連載:Future Technology
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5