EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アジャイルプロセス+ソフトウェア・セル生産=時代を担う生産方式 人月から価値駆動へ

  2008/09/29 11:00

不確実性に対応するアジャイルプロセス。マネジメントのベースとなる組織に対応するソフトウェア・セル生産。価値駆動のパラダイムから捉え直して融合したとき、ビジネスやマーケットの変化に対応した開発アプローチが見えてくる。本講演では、アジャイル・ソフトウェア・セル生産の理論と実践例を紹介する。そこには人月から脱却した後に向かうべき道が示唆されている。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 渋澤 蔵人(シブサワ クロウド)

    大学卒業後、文芸書の編集者を目指すが、時代に流され、コンピュータ書籍に鞍替え。OSや開発環境を中心に、マニュアルや書籍の制作・編集に携わる。現在はフリーランスの編集者・ライターとして活動中。日常生活も含め、常に「教育」を念頭に置いている。

バックナンバー

連載:PM Conference2008レポート

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5