Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第1回 IPv6って知ってますか?

  2008/10/24 11:00

インターネットはTCP/IPを共通のプロトコルとして、世界規模でネットワークが相互接続しているコンピュータネットワークです。現在インターネットで主に利用されているIPのプロトコルバージョンはIPv4ですが、次のバージョンとしてIPv6が提案され、徐々に実装が進んできています。今回はそのIPv6について概説します。

IPv6の策定

 それはまだインターネットが日本で流行る前、1990年時点で既にインターネットがこのまま発展すれば経路情報が増大し、IPv4アドレスも枯渇する事が問題として報告されました。

 これに対して短期的には幾つかの技術的対応も考えられるが、長期的には新しいプロトコルの検討が必要だということになり、次世代のプロトコル選定に向けた動きが始まります。

 当時はOSIという国際標準規格が登場していて、各国の政府もこれを公的標準としていました。インターネットでもOSIのCLNPを次のインターネットのプロトコルとして採用する動きもありました。

 しかし、これはエンジニアたちの強い反発を受けて、一旦仕切り直しになります。 そしてIETFで1992年頃から次世代のプロトコル策定に向けて様々な提案と議論がなされました。

 提案された様々なアイディアは徐々に集約され、1994年には複数の候補の中からSIPPと呼ばれるIPv4を発展させたプロトコルをベースとして採用する事が決定されました。

 SIPPはIPv4から使われていない機能をそぎ落としてアドレスを拡張した様なプロトコルで、とてもシンプルなものでした。このプロトコルにはIPバージョンとして6が割り当てられていたので、次世代のインターネットプロトコルはIPv6となりました。

 そして、1995年には128bitの固定長アドレスを持つIPv6の基本仕様ができあがりました。その後も議論は継続し、1998年に改定されたIPv6の基本仕様がRFCとして発行され、現在に至っています。


著者プロフィール

  • 松崎吉伸(まつざき よしのぶ)

    1998年にIIJ(株式会社インターネットイニシアティブ) に入社。2000年から同社バックボーン運用に参加し、設計から運用までを手掛ける。2007年にはAPNIC IPv6 Technical Sig Chairに就任。より良いインターネットを目指してあれこれ楽しそうな事を見つけながら頑張っている...

バックナンバー

連載:IPv6時代のネットワーク事情
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5