Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第5回:マーケティングと人事における共通課題 「人」が先か「ビジネス」が先か

  2009/01/16 09:00

今回は人員計画というテーマで解説を進めていきます。人事部門の観点から見てみましょう。

はじめに

 前回まで、ビジネス計画の策定に至るステップについて解説をしてきました。

 ビジネスの計画ができたら、次にそれを実現するための人材をどうするかを考える必要があります。人材が揃わなければいかに良い計画をたてたところで実現できません。

 人員計画は全体計画の主要な計画です。今回は人員計画というテーマで解説を進めていきます。ここでは、いったんマーケティングを離れてヒューマンリソース・マネジメント(人事部門)の観点から見てみましょう。

ヒューマンリソース・マネジメントの基本

 たいていの企業は1つの事業や1つの商品のみで経営をしているわけではなく、一般的には複数の事業を営んでいます。その場合、ヒューマンリソース・マネジメント(人事部門)が、人材の最適配分をしています。

 図1では、例としての企業が、事業A、事業B、事業Cを運営しており、ヒューマンリソース・マネジメントが人材の最適配分を実行していることを示しています。

図1:ヒューマンリソース・マネジメント概念図
図1:ヒューマンリソース・マネジメント概念図

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 西村 泰洋(ニシムラ ヤスヒロ)

    富士通株式会社 マーケティング本部 フィールド・イノベーション プロジェクト員  慶應義塾大学経済学部卒業後、金融機関を経て日本通運株式会社に入社。物流業務コンサルタントとして勤務の後、富士通株式会社に移籍。主に新規事業企画、アライアンス(企業提携)、マーケティングに従事。現在の主務はコンサルタン...

バックナンバー

連載:ソリューションビジネスマーケティング

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5