SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

資生堂、社内DXのプラットフォームにServiceNowを採用

 ServiceNow Japanは2月22日、資生堂が社内DXの推進強化のため同社のITSMとHR Service Deliveryを導入したと発表した。

 資生堂は、社内の様々な部門が業務用システムやアプリケーションの利用を推進する中で、これまで不具合やリカバリー対応の問い合わせ先、対応プロセスが統一されていなかったという。従業員の業務負荷を軽減することができると考え、ServiceNowのITSMを導入。業務用システムやアプリケーション、ITインフラに関する問い合わせのツールを集約したという。

 同社は導入の決め手として、アジャイルかつ迅速にノーコード・ローコードのアプリケーションで開発できることや、一つのプラットフォームに社内のデータを一元化したセキュアな状態で運用できること、拡張性が高いことを挙げている。

 また、人事サービスの申請をデジタル化するための基盤として、ServiceNowのHR Service Deliveryを採用。これにより、従業員がPCやスマートフォンなどから専用ポータルにアクセスし、メニューの中から申請したい項目を選択、承認者に申請が届き承認を得られた後、その通知が申請者に届くというプロセスの簡素化を図ったという。

 従来、申請書やマニュアルを検索する時間、記入する時間などを含めた紙申請でかかっていた時間とデジタル化した申請時間を比較すると、1申請あたり平均約60分ほどが削減できるとしている。

【関連記事】
DeNAがIT資産管理にServiceNow Japan「ITAM」を採用
日立システムズ、岐阜市のICT基盤を刷新 「Azure Peering Service」を導入
日立、「JP1」と「JP1 Cloud Service」を強化 クラウド化への対応を進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15606 2022/02/22 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング