SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

消防にもDXの波 八千代市消防が人命救助でウェアラブルクラウドカメラを試験導入

 クラウド録画サービスを提供するセーフィーは3月8日、同社のウェアラブルクラウドカメラ「Safie Pocket2」が、千葉県八千代市消防本部にて人命救助の実証試験として試験導入されたことを発表した。

 これは人命救助現場での状況判断を映像を用いて正確かつ迅速に行うことを目的に導入され、複数回実施された実証試験では、訓練だけでなく実際の火災現場でも同システムの活用が進んでいるという。

 同社によれば東日本大震災から11年経過した現在でさえ、ほとんどの自治体では住民の安否確認や被害状況の把握に電話や無線といった方法で情報収集が行われている。そのため防災分野では、あらゆる技術を駆使した災害対応の効率化や高度化を目指す「防災DX」が期待されているという。

[画像クリックで拡大]

 今回の実証試験では同システムの仕様と機能を最適化した結果、災害現場の状況を映像に正確かつ迅速に把握、判断が可能となり、消防活動を行う際の有効性を確認可能だとしている。

 実際の火災現場では無線機や通信用マイクが水滴や粉塵により連絡手段として無効になった場合、同システムの活用により現場の状況を映像と音声の二軸で判断。通常業務に支障をきたさず、むしろ連絡手段のバッファ的機能を果たし、現場の命令権者が情報を網羅的に把握できるなど、それぞれの部隊に適切な指示を出すことが可能となったそうだ。

 今後セーフィーは人々の意思決定に映像が役立てる未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指していくという。

【関連記事】
現場に必要なのはプロの消防士ではない!現実的なセキュリティ対策で重要なこと-ANAシステムズ阿部さん
NTN、大阪大学で拠点間長距離無線伝送実験を実施 ITを活用した防災や見守りに関する共同研究の一環
日立システムズ、自治体向けに「統合資産管理サービス 防災資機材管理モデル」を販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15665 2022/03/08 13:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング