SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アドビ好決算もウクライナ情勢が影を落とす 第1四半期決算を発表

 アドビは3月24日、2022年度第1四半期の決算を発表した。2022年度第1四半期の収益は前年同期比9%増の、42億6000万ドルとなった。

 なおウクライナ情勢の影響については、3月4日にロシアおよびベラルーシにて新規販売の停止を発表。加えてデジタルメディア分野の年間経常利益(ARR)を7500万ドル減額している。これはロシアおよびベラルーシにおける全既存事業に相当する金額。

 なおウクライナでのデジタルメディア分野のサービス提供は継続するものの、ウクライナでのデジタルメディア分野におけるARR相当部分から1200万ドル減額し、上記と合計で8700万ドル減となった。同社はさらに、2022年度の収益にも7500万ドルの影響が出ると予想している。

 アドビの社長兼CEOであるシャンタヌ ナラヤン氏は「デジタル経済の発展においてCreative CloudやDocument Cloud、Experience Cloudが中核的な役割を担うことで、第1四半期を過去最高の収益を達成した」と述べる。

 その上で、同社は人々に力を与え、ビジネスを変革し、コミュニティ同士を結びつけるための取り組みを続けていくとのことだ。

【関連記事】
東京海上日動、アドビのデジタルコンテンツ管理ソリューションを導入 ヘッドレス型配信で最適化
デジタル化が進んでいない業務は「取引先との契約書締結」か――アドビ調査
【アドビ調査】 日本はマーケティングにおいてはデジタル後進国ではない:課題は「パーソナライズ・データガバナンス・Cookie脱却」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15757 2022/03/24 19:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング